スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アメリカ版 ルードヴィッヒ2世?/Hearst Castle
人間、桁違いのお金を手にすると、
どうして自分のお城を建ててしまうのでしょう?

アメリカの新聞王(と言ってもイエロージャーナル、タブロイド紙)
ウィリアム・ランドルフ・ハーストの建てたお城をご紹介します


父親の代で購入した土地に、アメリカ初の女性建築家による設計のお城は
世界から「本物」を集めて建てたハースト氏の夢のお城
見学中に、ふと思い出したのがバイエルンのルードヴィッヒ2世
彼も自分の夢を追いかけて(彼の場合は本当に精神を病んでいたけれど)
国家の財政を貧窮させてお城を建てていました
ハースト氏は自分の財産をお城につぎ込みましたが、
やはり最後はお金は足りなくなった様子...


まずは桁違いの規模のお城をご覧下さい
お城へ行くには、麓からバスに揺られてまいります
これもルードヴィッヒ2世ノイシュヴァンシュタイン城を思い起こさせます


屋外プールには2000年近く前のイタリアの彫刻が飾られています

Hearst Castle-2, 2016-6-10


Hearst Castle-3, 2016-6-10


ガイドさんの説明によれば、これが古代イタリアの彫刻なのだそう
当時は国家の歴史•芸術的財産の流出なんて考えていなかったんでしょうね

Hearst Castle-4, 2016-6-10


屋外プールを見た後、お庭へ続く階段を上がっていくとお城が見えてきます

Hearst Castle-1, 2016-6-10


Hearst Castle-5, 2016-6-10



この大きな扉も、きっと何処かの国からやってきた本物

Hearst Castle-11, 2016-6-10


印象的な塔、よく見るととても繊細な作りになっています
中東のどこかの国から持ってきたと思われるタイル、装飾品...

Hearst Castle-12, 2016-6-10


このお城を1日で見るには時間が足りません
なのでツアーに参加するのですが、私達が参加したツアー、
夏の繁忙期のせいか現在は見当たりません 
説明はともかく、写真をご覧になってツアーをお楽しみくださいね

Hearst Castle-10, 2016-6-10


Hearst Castle-9, 2016-6-10


Hearst Castle-8, 2016-6-10
よく見れば、国も時代も違う調度品が集められていますが、レプリカでなく本物が使われているので、しっくりと納まっています これぞアンティーク家具をうまく飾る極意、と思うのは私だけ?


Hearst Castle-7, 2016-6-10


屋外プールだけでなく、屋内プールもあります
プール内、そして床に敷かれたモザイク、手作りなんですよね
気の遠くなるような作業です

Hearst Castle-6, 2016-6-10



Hearst Castle-15, 2016-6-10
アルテミス像 これはレプリカ オリジナルは確かヴェルサイユ宮殿にあるんですよね?



外に出ると、このお城が小高い山の上に建っているのが分かります
他に何もなく空がこんなに近いんですから

Hearst Castle-14, 2016-6-10



今日も「吾閑荘だより」へお越し下さりありがとうございました
ツアー後に見たハースト城の映画によると、ハースト氏のお城には
チャップリン、リリアン•ギッシュなどの俳優達も出入りしていました

当時、ハースト城には動物園もあったのだそうです
お城までの道のり、どういう訳かシマウマを見かけたのですが、
それは動物園で飼われていたシマウマの末裔なのだそうです
財政難に陥ったハースト城の動物達はカルフォルニアの動物園に
引き取られていったそうです


Hearst Castle
750 Hearst Castle Rd, San Simeon, CA 93452

スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2016/06/12 10:00】 | 旅へ出よう | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第40回モントレーワインフェスティヴァル
私達がモントレー滞在中 大きなワインフェスティヴァルがありました
歴史も古く、今年で40周年を迎えたワインフェスティヴァル
アメリカで一番古いワインフェスティヴァルと言われているようです

第40回モントレーワインフェスティヴァル-5, 2016-6-11



会場はモントレーの海岸沿い
歴史的な建物が並ぶカスタムハウス
お天気はよく晴れたワイン日和
キリッと冷えたスパークリングワインが美味しくなりそう〜♬

第40回モントレーワインフェスティヴァル-4, 2016-6-11


ワインはモントレーだけでなく、なんとソノマのワインも会場に!
ソノマのワインロードも今年で40周年を迎えたお目出度い年

第40回モントレーワインフェスティヴァル-3, 2016-6-11


モントレーのワインは大きく言うとシャルドネとピノノワールが有名
朝夕は気温が下がり、そして降り注ぐ太陽の中で育った葡萄が
美味しいワインを作り出しているそうです

試飲した全てのワインの写真を撮ったのですが、あまりにも多いので
街のレストランから提供されたアペタイザーをご覧下さい

第40回モントレーワインフェスティヴァル-2, 2016-6-11


第40回モントレーワインフェスティヴァル-1, 2016-6-11
魚介類のマリネ よく冷えた白ワインにピッタリです 添えられたピックも可愛らしい演出


ムール貝のワイン蒸し しっかりお替わりしました! 
スープにムール貝の味が染みて幸せな味〜♡

第40回モントレーワインフェスティヴァル-9, 2016-6-10
この他にイカのフリッター そしてクラムチャウダーが出されていました クラムチャウダーを作ったレストランの方、アーカンソーの出身と伺い、お互いにビックリ!



プチフールも充実 見ているだけでうっとりするマカロン 
ピノノワールでもシャルドネでも行けます♡

第40回モントレーワインフェスティヴァル-7, 2016-6-10



ピスタチオのケーキ、美味です ピスタチオってワインに合うんですよね
ワインとケーキのペアリングも考えての出店でしょう

第40回モントレーワインフェスティヴァル-6, 2016-6-10


このワインフェスティヴァル、博士と私は全て網羅したと思います
どうぞテイスティングしたワイナリーの名前をご覧ください

1, Carol Shelton Wines
2, Kobel
3, Dutton Goldfield Winery
4, Kelley & Young Wines
5, Martin Ray Winery
6, Vezer Family Vineyard
7, Pelican Ranch Winery
8, Wild Horse Winery & Vineyards
9, Houdini Collection of Wines
10, Antigal Winery & Estates
11, Acquiesce Winery & Vineyards
12, Oak Ridge Winery
13, Heritage Oak Winery
14, J Vineyards & Winery
15, Oak Farm Vineyards
16, D & L Carinalli Vineyards
17, Roadhouse Winery
18, Collier Falls
19, Ironstone Vineyards
20, Scotto Cellers
21, Highlands Wines

試飲するごとにワインのラベルの写真を撮って記録
テイスティング中に記憶が定かでなくなるのはご存知の通り (笑)

以前、アルゼンチンのワインの郷、メンドーサで
プロのワイン買い付けの方とご一緒したことがあります
とても優雅にワインを試飲され、そしてノートに情報を書留め、
さらにワインは飲まずにテイスティングルームの小さなバケツに
出されていらっしゃいました

プロは酔ったら駄目なんですよね
味が分からなくなりますもの...
今回、博士も私も20以上の違うワイナリーのワインを、
それぞれのブースで数本、試飲しています
このプロの方を見習い「これ!」と思うもの以外は飲まずに
出しておりました 

なんでもそうですが、プロって体を張ってます
ワインの試飲、喉の奥で「寸止め」しても
舌の感覚はだんだん鈍くなるし、美味しいワインは飲み込んでみたいし...
ソムリエ、ワインの買い付けのお仕事は素敵ですが、
毎日、どんな食生活、トレーニングをされ
体調を整えていらっしゃるのだろう、と思いを馳せました


今日も「吾閑荘だより」をご訪問くださり有り難うございました
次回は「カルフォルニアにお城を建てた男」のお話です
桁違いのお金持ち、することが違います
ディズニーランドが霞んで見えます きっと...

テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

【2016/06/10 10:00】 | ワインの旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
海の幸を楽しむ Sea Harvest Fish Market
ワインテイスティングが楽しいのは、
いろいろなワインを楽しめるだけでなく
テイスティングルームの人、またはその街に暮らすの人とお話をして
街の情報を収集することにもあります

あるテイスティングルームでは、おしゃべりに花が咲き約1時間半も滞在
その分、素敵な情報を得られました
その結果の1つがSea Harvest Fish Market (Carmel店)

Sea Harvest Fish Market-5, 2016-6-9


お店の前ではペリカンの像がお迎えしてくれます

Sea Harvest Fish Market-15, 2016-6-9


Sea Harvast Fish Marketはお魚屋さん兼レストラン
新鮮な魚介類がショーケースからキッチンに運ばれ、
姿を変えてテーブルへやって来ます

Sea Harvest Fish Market-3, 2016-6-9



今日のお薦めはこちら

Sea Harvest Fish Market-2, 2016-6-9


レストランへ来る前から「絶対に食べよう!」と
博士と決めていたオイスター! 早速いただきます♡

Sea Harvest Fish Market-4, 2016-6-9



博士と私は「本日のお薦め」から1品ずつ
このメニューには美味しい、美味しいクラムチャウダーがついて来ます

Sea Harvest Fish Market-1, 2016-6-9



博士の選んだHalibut Cheek Scampi
ハリバット、身がコロコロしていて優しい味です

Sea Harvest Fish Market-10, 2016-6-9


新鮮なだけで美味しい 大きな切り身はアッという間に消えました

Sea Harvest Fish Market-16, 2016-6-9



私はGrilled Black Cod Lemon & Caper sauseを

Sea Harvest Fish Market-18, 2016-6-9


レモンとケイパーのソースは爽やかで大人の味です

Sea Harvest Fish Market-7, 2016-6-9


付け合わせのライスは魚介とチキンのスープで炊いたもの
これもお魚と合わせていただくと最高! アジア人が好きな味かもしれません

Sea Harvest Fish Market-17, 2016-6-9



大満足で終わったカーメルのSea Harvest♡
このお魚屋さんは他にモントレー(Monterey)とモスランディング
(Moss Landing)の計3軒店舗を構えていています
翌日はモントレーのお店へ行ってみよう!となりました



モントレーの海岸沿いをお散歩してお店へ到着
期待が高鳴ります♬

Sea Harvest Fish Market-13, 2016-6-9



お約束のオイスターを注文 小ぶりの身でしたが味が濃くてなかなか♡
そして、やっぱり食べたいフィッシュ&チップスのコンビネーション
白身の魚、イカ、エビのフリッターとフライドポテト

Sea Harvest Fish Market-14, 2016-6-9



もう1皿は海老、ホタテ貝、サーモンが入った海の幸のパスタ♡

Sea Harvest Fish Market-12, 2016-6-9


さすがはお魚屋さん!「気持ちだけの海の幸」ではなく、
しっかり海の幸がパスタの中に

Sea Harvest Fish Market-11, 2016-6-9



食べ終わった二人の共通の感想ですが...
モントレー店は普通に(アメリカでは)美味しいレストランです
ただメニューをよくよく観察してみると、リッチな人たちが
住まいを構えるカーメルに比べモントレー店はお値段が少し高く
(観光客目当て?) その上、味付けが大雑把な気がします
もし、モントレー界隈を車で移動されるのでしたら、
私はカーメル店を強くお薦めしたいと思います 

そうそう、カーメル店のお魚屋さんのショーケースに入っていた蟹
これも美味でした♡ ただ金曜日の夕方には売り切れます
私達はモントレー最後の金曜日の夜を、Sea Harvestの蟹とシャルドネで
ディナーをしようと計画していたのですが、蟹が売り切れで泣きました...


今日も「吾閑荘だより」へご訪問くださり有り難うございました
日本では当然のように新鮮な魚介類を楽しめますが
アメリカの内陸、アーカンソーに住むと海沿いの街を旅した時こそ
魚介類を!と意気込んでしまいます
次は何処の海沿いの街を旅しましょうか?

テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

【2016/06/10 08:00】 | 旅へ出よう | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヘンリー・ミラー ライブラリー( Henry Miller Library )
太平洋に沿って走るハイウェイ1号
モントレー近くになると大きな木が覆い繁る、森のような景色に
そこに突如現れたのが、作家ヘンリー・ミラーのライブラリーでした

Henry Miller Library-5, 2016-6-8


正直なところ、未だにヘンリー・ミラーの作品を読んでおりません
それなのに、何故、私が興味を持っているかと言いますと...

Henry Miller Library-6, 2016-6-8
ライブラリーへ続く小道に置かれたオブジェ



ヘンリー・ミラーの最後の奥様は日本人
ジャズ歌手のホキ徳田さん

今から15年以上前、ホキさんに偶然お目にかかったことがあります
俳優 勝新太郎さんの三周忌が、今は姿のない赤坂プリンスホテルで催され
私は弦楽オーケストラのメンバーとして演奏しておりました

Henry Miller Library-4, 2016-6-8


Henry Miller Library-3, 2016-6-8
ライブラリーの住人達なのでしょうか 喜んでお迎えしてくれました



その後、打ち上げと称し赤坂、六本木界隈へ
夜の街をタクシーに相乗りして連れていっていただいたため、
詳しい場所は分からないのですが、そこがホキさんのお店でした

Henry Miller Library-2, 2016-6-8



その当時、すでにヘンリー・ミラーの名前は知っていました

そしてホキさんにお目にかかる何年も前、
ホキさんとヘンリー・ミラーの間で取り交わされたラヴレターが
本になって出版されていたのを1度だけ書店で目にしています
そのご本人を目の前にし、私は強い衝撃を受けました

Henry Miller Library-1, 2016-6-8


本が出版された頃、私は中学生だったと思います
人のラブレターを読んでもいいものか、とためらい
興味はあっても、この本を買うことは出来ませんでした
もうすでに絶版になっていると思われる本 

Henry Miller Library-10, 2016-6-8



夏の夕暮れは日が長く 時の経つのを忘れます
ライブラリーに到着したのは閉館の10分前 午後5時50分
探していた本に近い内容の本はないかと思って見回します

Henry Miller Library-9, 2016-6-8



ヘンリー・ミラーの本だけでなく、
彼に影響を受けている作家達の本もあり
探し出すのに困難が極まります


結局、二人のラヴレターの本は見つからず
現在、きっと入手困難になっている映画、
ヘンリー&ジューンのDVDを買うことに
最後の1枚だったDVDは私のところへ

Henry Miller Library-8, 2016-6-8
ライブラリー前のお庭にはライヴが出来るステージが作られています



ヘンリー・ミラー
たくさんの女性と恋をした作家
過剰な情熱は「ものをつくる人間」に必要
彼の場合、その情熱が執筆と恋愛に向けられたのでしょうか
それとも、恋愛が彼を執筆に向かわせたのか...

Henry Miller Library-7, 2016-6-8


いずれにせよ
アーティスト、ものをつくる人間の裏側を知ることは 常に興味深いもの


今日も「吾閑荘だより」をご訪問くださり有り難うございました
年齢を重ねることは若さを失うこと、と嘆く人がいますが
逆を言えば、自分で選択できる自由を手に入れることだとも思います
勿論、それには責任がつきものですが...
どちらがいいですか? 

私は年齢を重ねても「自分の責任を伴う自由」を手にするほうが
はるかに魅力的に感じられます

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2016/06/08 10:00】 | 芸術/アート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
美しい街カーメルとワインウォーク
モントレーから車で10分
そこに海辺の美しい街、カーメル (Carmel-by-the-Sea)はあります

美しい街カーメルとワインウォーク-3, 2016-6-8



美しい景観の家々、そしてごく自然に点在する多数のギャラリーは
これまで多くの芸術家や詩人が住んできたから

美しい街カーメルとワインウォーク-5, 2016-6-8


美しい街カーメルとワインウォーク-8, 2016-6-8
お宅の前にはテスラが置いてありました!


美しい街カーメルとワインウォーク-13, 2016-6-8



俳優クリント・イーストウッドが1986年から2年、この街の市長を
務めていました

そして今年はカーメル市が誕生して100年目
多くの人が訪れています

カーメルはペットを歓迎する街
レストラン、お店の入り口に、犬用のお水のボウルが置かれています
浜辺では犬達が鎖に繋がれることなく走り回って楽しそう

美しい街カーメルとワインウォーク-2, 2016-6-8
浜辺では犬を繫いで下さい、と言われるのが一般なのに、ここはそんなことはありません
dog friendlyの街




高級車のショーのように毎日どこかで素敵な車を目にします♡
私が熱望するシルバーボディ&レッドインテリアのポルシェもそこに!

美しい街カーメルとワインウォーク-1, 2016-6-8
この日まで私が憧れるシルバー&レッドのポルシェの実物を目にしたことがありませんでした!なので大感激!!カーメルのダウンタウンでお仕事をされるオジ様が颯爽と運転していらっしゃいました♡ 



今回の博士と私のカルフォルニアの旅、
ワインテイスティングをテーマに絞っています
この美しいカーメルのダウンタウンには
ワインテイスティングルームが幾つもあり、しかも徒歩圏内
ほろ酔いで、愛らしい町並みを眺めながら次のテイスティングルームへ

またワインウォークなるワインを愛する人に素敵なチケットがあります
このワインウォークに参加しているテイスティングルームは現在15軒
65ドルで9枚のチケットを購入 期限は無いのでいつまでも使えます♬
そしてお好きな、または興味のある9軒のテイスティングルームへ!
訪れたテイスティングルームでワインを購入すると、チケットが返却される
システム♡ うまくすると15軒のテイスティングルームへ行くことが可能
(*2016年6月現在の情報です)

美しい街カーメルとワインウォーク-12, 2016-6-8


私達は行く先々のテイスティングルームで、次のテイスティングルームを
紹介してもらいながら、次のワインを楽しみました♡
9枚のチケットは見事に使い切っています

Wrath Wines
美しい街カーメルとワインウォーク-6, 2016-6-8


Carmel Road
美しい街カーメルとワインウォーク-4, 2016-6-8


Gelante Vineyards
美しい街カーメルとワインウォーク-11, 2016-6-8


Silvestri Vineyards
美しい街カーメルとワインウォーク-10, 2016-6-8
映画 "Back to the Future"や "Polar Express"を作曲したアラン・シルヴェストリのワイナリーでした!店内はもちろん耳馴染んだ名曲が流れています


Shale Canyon Wines
美しい街カーメルとワインウォーク-9, 2016-6-8


Figge Cellars
美しい街カーメルとワインウォーク-15, 2016-6-8
入り口がワインテイスティングルーム、そして奥がギャラリーの素敵なお店でした 
ギャラリーのモダンアートの彫刻 家に置きたくなるものがチラホラ...♡



Caraccioli Cellers
美しい街カーメルとワインウォーク-16, 2016-6-8
テイスティングルームへ一歩入ると、ほのかな青リンゴの香り ここのスパークリングワインの
香りでした このスパークリング、とてもスムースなバブルで美味です「買って帰らないと後悔するな」と思っていたら昨年のサンフランシスコのワイン大会で優勝していました



Smith Family Wines
美しい街カーメルとワインウォーク-15, 2016-6-8
買っちゃおうか?!と博士と相談したSmith Family のワイン(買わなかったけど)
テイスティングルームは南仏風 優雅にいただくワインはよい思い出に♡  私のヴァイオリンのスタジオ、南仏風にしようかな...?




De Tierro
美しい街カーメルとワインウォーク-14, 2016-6-8


今日も「吾閑荘だより」をご訪問くださり有り難うございました
ワインを中心にした話題が続きますが、カルフォルニア、ワインに
ちなんだ話題もお届けします どうぞお楽しみに



最後におまけです
カーメルのダウンタウンで見付けました
妙に気に入った犬のドアストッパー

美しい街カーメルとワインウォーク-16, 2016-6-8


テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

【2016/06/08 09:00】 | ワインの旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
モントレーのお鮨屋さん
今日はモントレーの美味しいものをご紹介します

海沿いの街のモントレー
となるとアメリカの内陸、アーカンソーに住む私達が
つい期待してしまうのが新鮮な魚介類!
滞在中、2軒のお鮨屋さんで食事をしました



1軒目はCrystal Fish
2005年に日本人オーナーにより開店されました


本日の特別メニュー、銀ダラの味噌漬け
焼いたお味噌の香ばしい香りに脂の乗った銀ダラ
懐かしい日本の味です

モントレーのお寿司屋さん-5, 2016-6-8



そしてお待ちかねのにぎり鮨
お任せのにぎり鮨を注文しました
お魚がキラキラして、シャリの上のお刺身は満足な大きさ、厚さ!

モントレーのお寿司屋さん-4, 2016-6-8

Crystal Fish
514 Lighthouse Avenue
Monterey, CA 93940
tel, 831-649-3474



お次は、朝のジョギング中に見付けたホテル近くのお鮨屋さん
Sushi Timeのハッピーアワーメニューです
これが本当にお得なメニューで驚きました!

月曜日のハッピーアワーはマグロ、ビンナガマグロ (Albacore)
サーモン、ハマチ(yellowtail)、白身魚 (white fish)
白マグロ(white tuna)そして海老の握り寿司が1つ1ドル!



4時から6時30分までのハッピーアワーに備え、
ケースの中で待機中のお刺身

モントレーのお寿司屋さん-3, 2016-6-8


モントレーのお寿司屋さん-2, 2016-6-8
こんなに準備されていても、いつの間にかお客さんの胃袋へ消えて行くんですよね




博士と私がお店に足を運んだのが5時少し過ぎ
すでに強者が来店していて、ご夫婦でそれぞれのお鮨を5つ注文され
美味しそうに召し上がっていらっしゃいました♡

お鮨の大好きな博士と私
それなら、と私達は全種類のお鮨を各4つ注文することに
待つこと暫し、大きなお皿に見事に盛られたお鮨が私達の前に!

モントレーのお寿司屋さん-9, 2016-6-8


モントレーのお寿司屋さん-1, 2016-6-8


お魚が新鮮だとアッという間に目の前のお鮨が消えていきます
そこでハッピーアワーメニュー以外のお鮨も注文
入荷したばかりのピチピチの鯵!

モントレーのお寿司屋さん-7, 2016-6-8
鯵の上のショウガはガリでした 個人的に私は下ろし生姜でいただきたかったのですが、
アメリカ人の味覚にはガリのほうが食べやすいのでしょう



さばかれた鯵はフライになって運ばれてきました!
私達が日本人と知って作ってくださった様子
不思議そうに見ているアメリカ人達 (笑)
ええ、いただきました 骨だってパリパリで美味しかったですよ

モントレーのお寿司屋さん-6, 2016-6-8


最後の締めはウニ!
これが新鮮で、ウニの甘さがとろけるよう♡

モントレーのお寿司屋さん-8, 2016-6-8


約1時間の食事の後、お店を出る時には外まで続く長い列
ケースの中のお刺身が他のお客様までにあるだろうか?と思わず心配に
だって私達、しっかり美味しいお鮨をいただきましたから
このハッピーアワーへお出かけになる時は、お早めにお店へどうぞ!
5時少し過ぎでも、店内はお客様でいっぱいでした


Sushi Time
1153 Fremont Blvd
Seaside, CA 93955
tel, (831) 884-5011



今日も「吾閑荘だより」をご訪問くださり有り難うございました
美味しいものの話題っていいですね
モントレーの話題はまだまだ続きます
どうぞお楽しみに♬


追記、私のいただいた白マグロはアブラソコムツ (Escolar)ではないか
と思います 日本ではあまり馴染みのない魚のようですが(現在は
販売禁止のようです)脂がのって美味しい魚でした
詳しくはアブラソコムツのwikiをご覧くださいね

アブラソコムツ (Escolar)


テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

【2016/06/08 08:00】 | 美味なるもの | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
初代女王はマリリン・モンロー♡
アーティチョークはお好きですか?
私は大好きです♡

初代女王はマリリン・モンロー♡ -5, 2016-6-4


モントレー滞在中、アーティチョークフェスティバルが催されることを
事前にチェックしていたので、お得な前売りチケットを購入
この日を楽しみにしていました

初代女王はマリリン・モンロー♡ -4, 2016-6-4


アーティチョークフェスティバル、と聞き胸を躍らせ、
この日を待っていたのですが、その前夜に参加者のリヴューを読んでみると
「入場料を払った挙げ句、場内で食べ物、飲み物、そしてゲームの参加費を
払わなくてはならなかった」などの不満の感想がチラホラ...

私達が購入したチケットは入場料&ワイン、ビールを含む5つの無料券が
含まれた12ドルの前売り券 これは上手に使うとお得でした

幸い、宿泊先のホテルから徒歩圏内だったので歩いてお出かけ
会場の近くには有料の駐車場(平均して15ドル〜20ドル!)


入場口を通過すれば、そこは(どこから見ても)カウンティーフェア!
カリフォルニアですが、大都市でない限り、カウンティーフェアは
何処もあまり変哲のない様子をしておりました

初代女王はマリリン・モンロー♡ -2, 2016-6-4


でも、何が違うかって、このフェスティヴァルの既に50年を迎え、
しかも初代アーティチョーククィーンはあの

マリリン・モンロー♡

ノーマ・ジーンの本名で活躍していた1948年のことです
(英文のサイトですが詳しくはこちらをクリックして下さい)


さて、こちらが博士と私の目的地
21歳未満には禁断の地!
ワイン&ビールの試飲会会場!

初代女王はマリリン・モンロー♡ -1, 2016-6-4


アーティチョークフェスティヴァルの開場は10時からですが
こちらの試飲会は11時からオープン
気合いを入れての参加 でもまだ飲ませてもらえません...
そこで他の催し物を見学し、再び会場へ

初代女王はマリリン・モンロー♡ -10, 2016-6-4


この試飲会の受付でチケットを改めて見せ、
5枚の無料試飲券 (木製のチップ) を受け取ります
あ、そうそう、無料で試飲用のグラスもいただけます

初代女王はマリリン・モンロー♡ -9, 2016-6-4


この会場ではモントレー周辺のワインを中心に試飲
カリフォルニアのワインはナパやソノマだけではなく
滞在地のモントレーのワインも侮れません

初代女王はマリリン・モンロー♡ -8, 2016-6-4


試飲したのは以下のワイナリーです
(地名はテイスティングルームの場所ではありません
お出かけになられてもテイスティングできない可能性があります)

1, Hahn Family Wines (Soledad, CA)
2, Mountain Ranch Winery (Lodi, CA)
3, Black Bear Red Chair
4, Social Impact Winery (Lodi, CA)
5, Bargetto Winery (Soquel Creek, CA)
6, Blair (Arroyo Seco, CA)
7, Figge (Marina, CA)


お腹も空いたので試飲会場で売られていた
アーティチョーク料理をいただきます
もちろん、試飲券をここで使うことも出来ます
でも、早く行かないと美味しいものから無くなります...

初代女王はマリリン・モンロー♡ -7, 2016-6-4
博士が選んだ.... 名前が思い出せない.... ゴメンナサイ

初代女王はマリリン・モンロー♡ -6, 2016-6-4
私が食べたかったスパイシーなアーティチョークは既に完売  仕方なくアーティチョークのディップを...


“アーティチョークの里” (早い話が畑) はモントレーから少し離れた
キャストロヴィル (Castroville, CA) にあります
畑を見学したい人は、このバスに乗って畑まで

初代女王はマリリン・モンロー♡ -11, 2016-6-4


初代女王はマリリン・モンロー♡ -12, 2016-6-4


今日も「吾閑荘だより」をご訪問くださり有り難うございました
せっかく海沿いの街、モントレーへ来ております
明日は海の幸の情報をお届けできたら、と思っています
どうぞお楽しみに


テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

【2016/06/04 23:00】 | 旅へ出よう | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カルフォルニアへ 2016
アーカンソーから車に飛び乗り、ハイウェイ412をひたすら西へ
まずはアーカンソーからオクラホマを特別な感動もなく通過

その後、オクラホマを北から南に斜めに下り
オクラホマシティーを通り抜けハイウェイ40に乗ります
そして西の果てに向かって車を走らせれば...


いつの間にかテキサスを通過

カルフォルニアへ 2016-5, 2016-6-3



そして大好きなニューメキシコを通り
(Santa Rosa, NMで一泊しました)

カルフォルニアへ 2016-10, 2016-6-3



翌朝8時に再び車に乗り、私にとり未踏の地アリゾナへ到着

カルフォルニアへ 2016-9, 2016-6-3




ハイウェイ40は、
有名なルート66と平行している所があり
道沿いにルート66にちなんだカジノやカフェがあります

カルフォルニアへ 2016-4, 2016-6-3



アリゾナを通過し、いよいよカルフォルニアに到着
Welcome to Californiaを表す劇的な写真を取り損ねたものの、
長旅の末の感動は格別
でも通算24時間近いドライブに少し疲れ気味の博士と私...
(Barstow, CAにてもう1泊)



気を取り直し、太平洋側のカリフォルニアをめざし
翌朝また8時に出発!

太平洋に沿って作られたハイウェイ1をドライヴするため
多少の寄り道コースで車を走らせます



そこで思わぬ場所を通過
カリフォルニア州のハイウェイ41と46が交差するその場所

私が運転していたので写真を撮ることが出来なかったのですが、
そこには大きなジェイムス・ディーンの立て看板

何もない場所にいきなり出現したので大きな驚きでしたが
そこは俳優ジェイムス・ディーンがポルシェを走らせ
横からはみ出して来た車に衝突して亡くなった場所
James Dean Memorial Junction

来たくても、なかなか来られない場所へ
連れて来られてしまったような思い
私もジェイムス・ディーンの映画は全て見ている
私の母も高校生時代にファンだったはず
何だか感慨深いものがありました



太平洋へ向け道はまだまだ続きます
途中、新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストのお城、
ハーストキャッスルの前を通過しいよいよ太平洋へ!
(ハーストキャッスルについては、また後日)



目の前に見えてきた太平洋は美しかった♡

カルフォルニアへ 2016-1, 2016-6-3



太平洋に沿って作られたハイウェイは
真っすぐな場所がほとんどありません
でもドライヴ好きにはたまらない道!

カルフォルニアへ 2016-2, 2016-6-3



ところで、我が家のお嬢さん
猫のティティはどうしていたかと言いますと
後部座席でお利口さんにしておりました

カルフォルニアへ 2016-8, 2016-6-3



人間より遥かに優れた三半規管を持つ猫にとり
この曲がりくねった道はキツかったと思われますが
そこはティーちゃん、ケージの中で横たわりカゴの中で滑らないよう、
手を伸ばしてケージの網を掴んでおりました

カルフォルニアへ 2016-10, 2016-6-3



カリフォルニア最初の目的地
モントレーまであと少し!

カルフォルニアへ 2016-7, 2016-6-3



無事にホテルへチェックインし
日没直前のモントレーの海までお散歩

カルフォルニアへ 2016-6, 2016-6-3
波打ち際を歩く博士



今日も「吾閑荘だより」をご訪問くださり有り難うございました
アーカンソーではなくカリフォルニアの話題が暫く続きますが
どうぞ宜しくお付き合い下さいませ

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2016/06/03 22:00】 | 旅へ出よう | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Artosphere 2016 / Festival Orchestra
2016年のArtosphereの様子をお届けするのも、これが最後になります
会場となるWalton Arts Cenetrは
テーマカラーのグリーンの傘で飾られています

Artosphere 2016 / Festival Orchestra-5, 2016-5-31




舞台上ではオーケストラのリハーサル

Artosphere 2016 / Festival Orchestra-4, 2016-5-31


Artosphere 2016 / Festival Orchestra-3, 2016-5-31



今年も3回のコンサートが催されました
それぞれのコンサートのプログラムは以下の通りです

Saturday, May 21, 2016
Corrado Rovaris, Conductor
Sergei Rachmaninoff, Piano Concerto No. 3 in D minor
Benedetto Lupo, Piano
Modest Mussorgsky, Pictures at an Exhibition (Arr. Ravel)

Tuesday, May 24, 2016
Corrado Rovaris, Conductor
Ludwig van Beethoven Creatures of Prometheus Overture Op. 43
Saturday, May 21, 2016
Corrado Rovaris, Conductor
Sergei Rachmaninoff, Piano Concerto No. 3 in D minor
Benedetto Lupo, Piano
Modest Mussorgsky, Pictures at an Exhibition (Arr. Ravel)


こちらはDover Quartetがソリストを務める新作の協奏曲のリハーサル
この協奏曲を作曲したDaniel Schnyder 
私も演奏したことがありますが、
彼らしいジャズ系の音が駆使された作品でした
それにしてもDover Quartetのメンバーは
4人それぞれ腕を更に磨いているのがよく分かります

Artosphere 2016 / Festival Orchestra-2, 2016-5-31



Friday, May 27, 2016
Corrado Rovaris, Conductor
Live From Crystal Bridges: Mozart in the Museum
Featuring Deanna Breiwick, Soprano
Aria – Voi avete un cor Fedele, K.217
Symphony No. 1 in Eb Major K 16
Aria – Vorrei spiegarvi, oh Dio K. 418
Symphony No. 11 in D Major K. 84
Aria – Ah se in ciel, benigne stelle K. 538
Symphony No. 36 in C major, K. 425 “Linz”




今年は私以外の日本人演奏家も参加
昨年、お友達になった友人達におはぎを作って行きました
そしてオーケストラのメンバーにはクッキーの差し入れ

Artosphere 2016 / Festival Orchestra-1, 2016-5-31



ランチタイムにおはぎをいただきました
ヴァイオリニストのれいなさん、ヴィオリストのゆみさん
喜んでいただけたようで嬉しかったです

Artosphere 2016 / Festival Orchestra-8, 2016-5-31
おはぎの横にちょこんと写るのは、ゆみさんの相棒、ペンギンのワンキー



こちらは私がよく作るアーモンド&チョコレートチップのクッキー
今年は予算が削減されたのか、
楽屋に何もスナックの準備がなく寂しい休憩時間に...
そこで簡単にできるクッキーやズッキーニブレッドを作って楽屋にお届け

Artosphere 2016 / Festival Orchestra-7, 2016-5-31
かなりのオーケストラのメンバーが、おやつを楽しみにしていてくれたようです 
毎日、リハーサル、本番の繰り返しです エネルギー補給は必須! 




ところでWalton Arts Centerは昨年のArtosphereが終わってから
大々的な改装工事に入っております
そして現在も工事中 完了予定は今年の11月半ば
ロビーがこれまでの倍近く広くなる予定です

Artosphere 2016 / Festival Orchestra-6, 2016-5-31



今日も「吾閑荘だより」へご訪問くださり有り難うございます
さて私、3日間かけてドライヴをしてカルフォルニアへやって来ました
明日からカルフォルニア旅行記になります
皆様のご旅行にお役に立てる情報をお届けできたら嬉しいです
どうぞお楽しみに♬

テーマ:海外音楽 - ジャンル:海外情報

【2016/06/02 09:00】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。