スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アメリカ最古の家と報われぬ恋
サンタフェの中心地を散策すると、独特の土壁の家、教会、博物館、
ギャラリー、民芸品店、そして私の大好きなアンティーク屋、
美味しいレストランに幾つも出会えます

歴史の古い街ですから、アメリカ最古の...という場所もあります
サンタフェもアメリカ最古の街、と呼ばれているのですが、
同じことを申す街がフロリダにもあるとか、ないとか...



アメリカ最古の家と呼ばれる家がスクエアから少し離れた場所にあります

アメリカ最古の家と報われぬ恋-4, 2016-3-25


その家は聖ミゲル教会、これもまた1610年頃に建てられた
アメリカ最古の教会と呼ばれる、その少し奧にありました

アメリカ最古の家と報われぬ恋-5, 2016-3-25



聖ミゲル教会も、ニューメキシコ独特の土壁でできた教会 残念ながら内部を見たことはまだ1度もありません

アメリカ最古の家と報われぬ恋-3, 2016-3-25



教会を右手に見て路地を入っていくと、
本当に飾り気のない小さな家が見えてきます 

アメリカ最古の家と報われぬ恋-2, 2016-3-25


現在は博物館として当時の生活を様子を無料で一般公開しながら
お土産屋さんも一緒に営まれているアメリカ最古の家

アメリカ最古の家と報われぬ恋-1, 2016-3-25


そこで入ってみました
その後、私が、ある素敵な物に出会うとは全く予期もせず...

アメリカ最古の家と報われぬ恋-8, 2016-3-25



そうなんです
出会ってしまったのです
とっても素敵なナバホ族の作った銀とターコイズのブレスレット
シンプルなデザインだけど、存在感があり、甘過ぎないエレガンスを
備えたブレスレットを目にした私は一瞬で虜になりました
もう脳裏から離れない、そのブレスレット....


ただ私の手首には大きすぎ、何かの加減で手首から抜けてしまいそうな
大きさでした  それでも私の心はブレスレットを一途に思うのです


数日間、考えました
あの子を連れて帰りたい.....
サイズは大きすぎるけれど何とかなるんじゃないか、と
足りない知識でサイズ調整の可能性を考えてみます


出会って4日目
再びお店に行きました
そして自分の手首につけてみましたが
悲しいかな、やはり大き過ぎます.....


お店の店員さんにも「君の手首には大きすぎるねえ...」と言われ、
尚かつ、サイズの調整が難しいことも伺いました


既に完成された作品に手を加え、自分に似合うようにする、
でも、そこで何かが失われるような気がして私は泣く泣く諦めました...
自分のエゴで作品の魂が失われるような気がしてならないのです



お店の方にお願いして思い出に写真を撮らせて頂きました
私の心を鷲掴みにした、憎いアイツの姿をご覧くださいませ(笑)

アメリカ最古の家と報われぬ恋-7, 2016-3-25
アンティークと呼べるほど古くはないかも知れませんが、現代の作品ではありません。
そこがまたいいんですよね



裏側だってこの通り
シンプルなデザインの中のエレガンス 素敵でしょ?
本当に、これを身につけたかったなあ....

アメリカ最古の家と報われぬ恋-6, 2016-3-25



サンタフェのスクエア付近には数多くのジュエリー店、
それもターコイズを扱うお店が何件もありますが、
私が本当に欲しかったのは、このブレスレットだけ
今日、自分のサイズに合い、尚かつ少し気に入ったブレスレットを
見つけましたが、あのナバホ族のブレスレットを凌駕することはありません
私の「完全なる片思い」で終わったブレスレットへの恋...



ミリセント•ロジャースはニューメキシコの北部に位置するタオスを愛し、
そこに暮らした女性 持って生まれた芸術センス、そして生まれ落ちた家庭の
財力をもってネイティヴアメリカンの芸術を収集しました
彼女のターコイズコレクション、なかなか素晴らしいです
ご興味のある方は下の赤い文字をクリックしてくださいね

Style Icons: Millicent Rogers



今日も「吾閑荘だより」へご訪問くださり有り難うございました
意気消沈した私がお店を出たすぐ後、
思わず笑ってしまうような出来事がありました
次回はそちらをお届けします 
本当に世間って狭いです (苦笑)

スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2016/03/26 15:45】 | 旅へ出よう | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
私を探して...
我が家のベイビー、猫のティティ
12時間のドライヴに耐えて一緒にやってきたサンタフェ
でも現地で博物館、遺跡巡りに当然のことながら同行することはできず、
知らない土地での1人(正しくは1匹)のお散歩はなお危険...


滞在先でお留守番ばかりなので、少し拗ねてしまった結果がこの通り



私を探して...-1, 2016-3-24



ティーちゃんのこと、探してよ、
と言わんばかりの可愛い隠れんぼ♡

私を探して...-2, 2016-3-24



ご本人は隠れているつもりでしょうが、
カーテンの向こうにいる姿に夕焼けが当たり、透けて見えています

私を探して...-3, 2016-3-24



アーカンソーの家に1匹で置いておいたほうが良かったのか、
サンタフェでお留守番ばかりでも、一緒に来た方が幸せだったか...
何しろ寂しがり屋の猫なので、一緒にサンタフェにいた方が幸せだろう、と
思っている親バカの博士と私


今日も「吾閑荘だより」をご訪問くださり有り難うございました
サンタフェ滞在も残すところ後2日
さあ、明日は何をしようか、といろいろ検索してみれば、
日曜日に迎えるイースターのお蔭でかなりの場所がお休み.....
忘れてた... 多くのアメリカ人に大切な行事がありました.....
明日はお家でティティと一緒にのんびり過ごしましょうか?


テーマ:ペットと海外 - ジャンル:海外情報

【2016/03/24 20:45】 | 猫のティティと仲間達 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Los Potrillos / お気に入りメキシカンレストラン
ニューメキシコのサンタフェ
私達が好きなメキシカン料理店をご紹介します
その名をLos Potrillos

Los Potrillos / お気に入りメキシカンレストラン-5, 2016-3-23


potrillosはスペイン語で仔馬の意味なんですね 
お店の雰囲気は地元の人達がやって来る敷居の低~いレストラン

Los Potrillos / お気に入りメキシカンレストラン-4, 2016-3-23


お店の名前がpotrillos、仔馬だけあり馬に関する装飾品が多数

Los Potrillos / お気に入りメキシカンレストラン-3, 2016-3-23



メニューと一緒に置いて行かれるのはチップスとサルサ
ニューメキシコのグリーンチリペッパーは地域の特産
なのでグリーンのソースもあります 柔らかでも後から来る辛さはパンチあり

Los Potrillos / お気に入りメキシカンレストラン-2, 2016-3-23


まずはラムのスープを注文
そこへ薬味の玉葱、シラントロ(香草)そしてライムを絞っていただきます

Los Potrillos / お気に入りメキシカンレストラン-1, 2016-3-23


スープに添えられたソースも忘れないで入れてください
爽やかなスープの味の奥から、じんわりと来る辛さが美味しいのです

Los Potrillos / お気に入りメキシカンレストラン-10, 2016-3-23


そうそう、忘れてはいけないマルガリータ!
テキーラがしっかり入っていて味が濃厚 こういうのがマルガリータ!
私にとり、ピッチャーで頼んでも酔わないマルガリータは
マルガリータではありません

Los Potrillos / お気に入りメキシカンレストラン-9, 2016-3-23
大満足の分量 あちらのテーブルでお年の多い女性が同じマルガリータを飲んでいらっしゃいました 嬉しい! 親近感を感じる♬



初めてここを訪れたのは2010年の夏
今回は今まで注文をしたことのないメニューを試そう、という作戦

博士が注文したのはMolcajete am pastor (だったと思う... )
見た目が豪華、そしてお味もパイナップルの香り、甘さがお肉に移り、
口の中が幸せになります

Los Potrillos / お気に入りメキシカンレストラン-8, 2016-3-23


お肉はチキンの胸肉でさっぱり
その分、メキシカンのスパイスで味が加えられ、添えられた
パイナップルのほのかな香りがマイルドなお味にしてくれます

Los Potrillos / お気に入りメキシカンレストラン-7, 2016-3-23
お肉の上にのっているのがグリルされたグリーンチリペッパー けっこう大きいのです



私はシーフードに挑戦 海老のニンニクソース風味!

Los Potrillos / お気に入りメキシカンレストラン-6, 2016-3-23



このソースが本当に美味しくて、日本人としては白いご飯でも行ける!
と思ったものです 勿論、付け合わせのライスにもマッチしていました

Los Potrillos / お気に入りメキシカンレストラン-11, 2016-3-23



さて、もう1品ご紹介 
この旅に同行した博士側の姪っ子の注文、チキンエンチャラーダス
緑のチリペッパーソースが美味しいのって!

Los Potrillos / お気に入りメキシカンレストラン-12, 2016-3-23


もうお腹は十分にいっぱいだったのですが、来週お誕生日を迎える姪に
フランを注文しました キャンドル付きです♡

Los Potrillos / お気に入りメキシカンレストラン-13, 2016-3-23



Los Potrillos、地元の人に愛されるメキシカンレストラン
働いている人達もほとんどヒスパニック系の人 スペイン語が飛び交います
何が美味しいかって、ここのソースの味付けが素晴らしい
変にアメリカ人向けになっておらず、素朴な美味しさ
サンタフェ滞在中にもう1度食事をしたいなあ、と思います


今日も「吾閑荘だより」をご訪問くださり有り難うございました
Los Potrillosは水曜日が定休日なので気をつけてくださいね


Los Potrillos
1947 Cerrillos Road, Santa Fe, NM 87505
505-992-0550

テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

【2016/03/23 13:45】 | 旅へ出よう | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
3回目のFirst Day of Spring
このブログも3月20日をもって3周年を迎えました
ブログの更新が今までより少しゆっくりになりますが、
どうぞ宜しくお付き合いくださいませ


さて、その3周年の朝、私達はアメリカでも大好きな街、
ニューメキシコのサンタフェへ向けて出発しました

前日、オーケストラの本番で神経をすり減らし(いろいろあった
今回のコンサート 本当に疲れました....)
帰宅してから1週間の旅のパッキング
睡眠時間は2時間の状態で家を後にしましたが、
大好きな街が近付いてくるにつれ、元気になってきました!



ニューメキシコ到着!

3回目のFirst Day of Spring-5, 2016-3-20



今回もAirbnbでお家を1軒、1週間レンタルしています

3回目のFirst Day of Spring-1, 2016-3-20
玄関のドアを開けると、アンティークなピアノがお出迎え オーナーさんのテイストが感じられます


キッチンもあります! ステーキ、焼きましょうか?!

3回目のFirst Day of Spring-4, 2016-3-20



小さいけれど清潔なバスルーム

3回目のFirst Day of Spring-3, 2016-3-20



私達のベッドルームはクイーンサイズのフカフカのベッド

3回目のFirst Day of Spring-2, 2016-3-20


我が家のベイビー、猫のティティも12時間のドライヴで一緒に到着

3回目のFirst Day of Spring-7, 2016-3-20





サンタフェの夕焼けは美しい

3回目のFirst Day of Spring-8, 2016-3-20



今日も「吾閑壮だより」へご訪問くださり有り難うございます
明日からアーカンソーの情報でなく、サンタフェを中心にして様子を
お伝えしていきます

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2016/03/20 20:00】 | 旅へ出よう | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2015年、最悪の日/ Porsche Spyder 918
今日のブログは600回記念です
もう600回もブログの記事を書いているんですね

2015年7月から先週まで8ヶ月ブログをお休みしていました
そこで600回を記念し2015年の私の最悪の日!について書いていきます



私はドイツ車のポルシェをとっても愛しています
勿論、まだ自分のポルシェは所有していませんが、
旦那様の博士は“ガールフレンド”と称し、美しいワインレッドの
ポルシェをお持ちです 
なので私達はアメリカのポルシェ倶楽部に所属


私の最悪の日は、
アーカンソーで催されたポルシェの大きなイベントの日に起こりました
私の職業、演奏家は週末にコンサートが行われることが多いのですが、
そのお蔭でポルシェ祭り (正式にはPorshce Palooza)に参加できないことが
多いのです でも、自分の稼業を心得ているので、そんな日は固唾の飲んで
ヴァイオリンを小脇に抱えて仕事へ行くのでありました

2015年のポルシェ祭り、
本来なら参加できるはずだったのですが、
私の所属するオーケストラの大きなスポンサーのイベントがあるため、
そちらの演奏を頼まれました 
もう、本当に行きたくなかった仕事...

その上、私を谷底へ突き落とした事件が発覚...
2015年のポルシェ祭りに、なんとあのスパイダー918が参加...
このポルシェ、全生産数が918台  現在公道を走行できる最速の自動車
現在市場で取り扱われている価格は1億円以上
見たくても見られない、と思っていた夢のポルシェ
それが (こんな田舎の) アーカンソーへ来ているなんて......

ポルシェが素晴らしいのは機能だけでなく
美しい流線型の、そして猫のような丸みを帯びたフォルム
私が子供の頃に見た「カエル顔」ではなく、
チャーミングなネコ科の動物のよう
私がポルシェに恋をしたのはそういう理由

その日の仕事では、今までに見せたことがないほどの仏頂面を引っさげ
リハーサル&本番をしてきました
職業柄、愛想の良さ、舞台での笑顔が大切なのは
よ〜く分かっていても出来ない.....
どうして私、ここに居るんだろう? という思いが心を過ります
明らかに私の様子が違うのに気付いた同僚もチラホラ...
ええ、それだけショックだったんですよ.....
言わなかったけど、どうしてこんなパーティーミュージック弾いてるんだろう
と思ってたもの 私は首席奏者だから顔を出しておいたほうが良いのだけど
でもポルシェスパイダー918はそれだけ存在が大きかったの!

大きな悲しみを抱えて仕事を終え帰宅
博士が「今日のポルシェのイベントはねえ」と楽しそうに
報告してくれるのですが、ほとんど右から左.....

でもそこで、はたッ!と気付いたのです
多くの人は土曜日の大きなイベントの後、もう1泊して帰路につきます
明日の早朝、もしかしたらスパイダー918はまだいるかも知れない!!!!!!!
やっと私の心の暗闇に一条の光が射し込んだのでありました


そして行きましたよ
自宅を7時半に出て、約1時間のドライブをしてユーリカスプリングスへ
私と逆方向へ走るポルシェにすれ違い、気持ちは焦るばかり
でも、きっとまだスパイダー918はいる!と変な確信を持っていました


会場に着き、イベント会場の大きな駐車場の坂道をゆっくりと下ると



ああ、まだいた〜!



2015年、最悪の日/ Porsche Spyder 918-1




ああ、憧れのスパイダー918!!!!!
なんと美しいのでしょう そして公道を走らせられる世界最速の車



2015年、最悪の日/ Porsche Spyder 918-2
この色の組み合わせはマティーニカラーと呼ばれています お酒の会社、マティーニがスポンサーをしていた時の名残 ちなみに少しでも軽量化を図るため、ペイントではなくシールが車のボディに貼られているのだそうです




私の説明など意味をなさないので、どうぞ写真をお楽しみください
細部にわたり計算された機能と美の融合した芸術を


2015年、最悪の日/ Porsche Spyder 918-3


2015年、最悪の日/ Porsche Spyder 918-4


2015年、最悪の日/ Porsche Spyder 918-5


2015年、最悪の日/ Porsche Spyder 918-6


2015年、最悪の日/ Porsche Spyder 918-7



ライセンスプレートもGT 918のこだわりよう

2015年、最悪の日/ Porsche Spyder 918-8




今日も「吾閑壮だより」へご訪問くださり有り難うございました
アーカンソー、決して都会ではございませんが、時々、目の覚めるような
ビックリな出来事に遭遇します 

今週末にはオーケストラのコンサート♬
自分の夢のポルシェのために、私は頑張ってお仕事をするのであります


テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2016/03/17 09:00】 | 愛しのPorsche & Antique Cars | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏時間になって...
今週日曜日から夏時間、daylight saving timeが始まりました
ですから全てが1時間前倒しになります
午前5時30分に起床すると、それは先週までの午前4時30分
こんなことを考えてはいけません....

でも、今週は辛い...
たった1時間の時差に体がついていかず、
気のせいか多くの人がボーッとしています
私もそうですけれどね


でも、1時間時計を先送りしたからこそ見られる素敵な景色も...
週に数回のジョギングをするため、いつもより早めに
アーカンソー大学のクロスカントリーコースへ (アーカンソー大学の
フードサイエンス学科の敷地内にコースはあります)
出掛けてみれば、幻想的な世界が待っていました


今日はその景色をお楽しみ下さい
私のカメラがもっと高機能だったら、
もっと繊細な世界をご覧いただけますが、
愛用しているのはいつもバッグの中にあるコンパクトカメラ
ピントが甘いのはご愛嬌、ということで



朝7時半頃
朝日が上ってきました

夏時間になって...-1, 2016.3.16



アーカンソーの桜も咲き始め...

夏時間になって...-2, 2016.3.16




コース沿いの草は朝露に濡れています
そして、うっすらと霧がかかり

夏時間になって...-3, 2016.3.16



朝日と朝霧のコラボレーション

夏時間になって...-4, 2016.3.16



蜘蛛の巣
すでにミクロの世界の美のうえ、さらに朝露により美が引き立ちます
蜘蛛... 嫌いな人は多いはず でも私には美しい昆虫
よく出来た形だなあ、と思うんですよね

夏時間になって...-9, 2016.3.16



すでに青々と育ち始めた草
名のない草ですが、近寄って見つめると
朝露という名のジュエリーをつけています

夏時間になって...-7, 2016.3.16
この写真こそ、高機能カメラで撮れたら結果がもっと違ったでしょうねえ



タンポポ
お花も咲き、いつの間にか綿帽子になっています

夏時間になって...-6, 2016.3.16



綿帽子、見付けたら吹きたくなるのは人情というもの
そこから見えた小さな世界

夏時間になって...-8, 2016.3.16




今日も「吾閑壮だより」へご訪問くださり有り難うございました
今晩、私の所属するオーケストラ, SoNA (Symphony of Northwest
Arkansas) の今週末のコンサートの初リハーサルがあります
皆、夏時間で時差ボケしていそうです... 

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2016/03/16 12:15】 | 自然 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Sunday brunchと...
今年は例年になく早い春の訪れ
そして今日から夏時間 (daylight saving)が始まり、
朝8時に家を出て、ジョギングをした後でお気に入りのBoucheeで
ブランチをとりました

Boucheeのサンデーブランチは普段メニューにない物を
口にすることができ特別な気分になります


フレンチトーストのパンもお店で焼いています
春らしく、そして女の子が好きそうなフレンチトーストのクラシック 

Sunday brunchと... -5


山羊のチーズとハーブの入ったオムレツ
付け合わせのポテト、まわりがカリッカリで中がしっとりの焼き具合
いくつでも食べられそう♡

Sunday brunchと... -4



私はエッグベネディクトのフローレンタイン
ホウレン草がたっぷりで、溶け出した卵によく絡みます

Sunday brunchと... -3


ああ、なんという至福の時

Sunday brunchと... -2



お店に入って、真っ先に博士が「食べる!」と決めたケーキ
バタークリームたっぷりの重厚なケーキ
上のカラメルソースがバタークリームに良く合います

Sunday brunchと... -1



お腹も心も満足し、お店の外に踏み出せば
桜が春の訪れを喜んで咲き始めておりました

Sunday brunchと... -6




今日も「吾閑荘だより」へご訪問くださり有り難うございました
桜、ついに咲き始めました
アーカンソーは春本番

テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

【2016/03/13 23:00】 | 美味なるもの | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
桜の涙 / Elegy to Japan in memoriam March 11th
素敵な曲を見つけました
ご興味のあるか方は下のリンクをクリックしてください


桜の涙 / Tears of Sakura




「桜の涙 / Tears of Sakura」は
在日フランス人指揮者で作曲家のヤニック・ペジェ氏の作品



桜の涙の印税(演奏と放送)は桃・柿育英会に寄付されます。
桃・柿育英会とは、東日本大震災で両親を失った子供たちのための組織で、
建築家の安藤忠雄氏、指揮者の小澤征爾氏といった
有名な芸術家たちによって設立されました 
(ヤニック・ペジェ氏のウェブサイトから原文を引用させていただきました)



朝9時半のアポイントに向けて車を走らせている最中、
ラジオから流れてきた曲です



私も、必ずいつかこの曲を弾くのでしょう
いいえ、演奏しなくてはならない曲
日本から離れていても、いつも心の中にある、私の大切な場所

テーマ:海外音楽 - ジャンル:海外情報

【2016/03/11 14:46】 | 私達にできること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クリントンのお膝元
アメリカだけでなく、日本でも、他の国でもアメリカ大統領選のニュースが
よく報道されていることと思います


アーカンソー州フェイエットヴィルは元クリントン大領領がアーカンソー大学
法学部で教鞭をとっていた街
そして今回の大統領選に参戦中のヒラリー女史はこの街でビル・クリントンと
結婚し、ビルが州知事になるまでフェイエットヴィルに住んでいました

ご興味のある方はここをクリックして下さい
彼らの新婚当初のお家の様子がご覧いただけます

Clinton House Museum/クリントン夫妻のスウィートホーム

フェイエットヴィルには、クリントン夫妻に深く関わった人達が
何人も住んでいます クリントンが訪アーカンソーをすると、
必ず訪れるお宅(お庭にはテニスコート、プールがあり、モダンな彫刻が
お庭のアクセントになっているお宅 もう、桁違いのお金持ち)
クリントンの弁護士さんだった方、そして秘書だった方...


ご近所に、その秘書だった方のフェイエットヴィルのお宅があります
本宅は州都のリトルロックにあるようですが、そのお宅の前を通りかかると



小さいけれど鮮やかな青いサイン
クリントンのお膝元-1




そのサインにはヒラリーの名前!
やっぱりね♬
クリントンのお膝元-2




共和党の代表になるか?と色めき立っているドナルド・トランプ氏
本当にこの人がアメリカの大統領になったらどうなるの?と不安になりますが
昨日、ちょっと面白いことを発見

前フランス大統領夫人、カーラ・ブルーニ (Carla Bruni-Sarkozy) 
-----------トランプ氏とお付き合いされていたんですね(苦笑)
英語版のWikipediaにもそう掲載されているので、きっとそうなんでしょう...



私にはアメリカの選挙権はありませんが、それでも大統領選から
目が離せません 所詮、立場の弱い外国人 
政権によって人生も左右されるかもしれません


本日2本目のブログ、お付き合い下さり有り難うございました
また時間を作って更新に励みたいと思います
どうぞお楽しみに♬

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2016/03/10 10:30】 | 街の人々/風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アメリカ住みやすい街第3位のフェイエットヴィルから
アメリカ住みやすい街第3位のフェイエットヴィルから-13
写真の中央に見えるのは、アーカンソー大学の象徴、オールドメイン


皆様、大変ご無沙汰しておりました
8ヶ月振りのブログの更新です

私のブログが全く更新されていない間もご訪問くださいました皆様、
本当にありがとうございました アーカンソーという決して都会ではない街の
様子に興味を持っていただき嬉しく思います

ブログが暫く途絶えた理由は後日お話しさせていただくとして、
今日は私の住むフェイエットヴィルが全米で3番目に住みやすい街に
選ばれましたので、それを記念して久々のブログの更新です

Fayetteville named #rd best place to live in U.S.

これを機に、またアーカンソー情報をお届けしたいと思っています
どうぞ宜しくお付き合いください



ところで、全米で一番住みやすい街は何処か?と言いますと...
コロラド州 ボールダーなんですね
自然が豊かで大学街 フェイエットヴィルと条件は似ています

そして第2位は...
テキサス州 オースティン
こちらも大学街、そしてお洒落なスーパー、ホールフーズ (Whole Foods
Market)の本社があります 

私達の住むフェイエットヴィルから北上したベントンヴィル、
そこのウォールマートの本社があります


条件はいろいろと似通っています
でも.....


1位のボルダー、2位のオースティンから3位のフェイエットヴィルには
大きな開きがあるように思いますが、治安を考えると本当に安心な街
細かいことはあまり考えず、愛するフェイエットヴィルの近況をご覧下さい



例年なら雪が降り、学校も休校になるのですが今年は大雪も降らず、
楽しみにしていた「休校」は未だになし!
そして、この街にはすでに春が訪れております
木々は芽吹き、お花は咲き始め...


どうぞ早く訪れた春の様子をお楽しみ下さい

アメリカ住みやすい街第3位のフェイエットヴィルから-3



アメリカ住みやすい街第3位のフェイエットヴィルから-2


お庭の黄色の水仙は満開です
アメリカ住みやすい街第3位のフェイエットヴィルから-1




アメリカ住みやすい街第3位のフェイエットヴィルから-10



夢の世界のように咲き乱れる木蓮
アメリカ住みやすい街第3位のフェイエットヴィルから-9



アメリカ住みやすい街第3位のフェイエットヴィルから-8



アメリカ住みやすい街第3位のフェイエットヴィルから-7



別の場所で、少し濃いめの色の木蓮
アメリカ住みやすい街第3位のフェイエットヴィルから-11



アメリカ住みやすい街第3位のフェイエットヴィルから-5




アメリカ住みやすい街第3位のフェイエットヴィルから-12




桜が咲いたら、春は本番
でも、まだ少し先のようです
アメリカ住みやすい街第3位のフェイエットヴィルから-6




最後に、猫のティティも元気にしています
春の柔らかい日だまりを楽しむティティ
アメリカ住みやすい街第3位のフェイエットヴィルから-4


久しぶりのブログの更新、お付き合い下さいましてありがとうございます
暫くは週1度のペースでブログを更新していく予定ですが、
今後とも宜しくお付き合いくださいませ

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2016/03/10 10:00】 | 自然 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。