FC2ブログ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
21c Museum Hotel /Bentonville, Arkansas
Crystal Bridges Museum of American Artsの近くに21c Museum Hotel
あります ベントンヴィルのスクエアのすぐ近くです

サイレント映画とオーケストラの共演、街の灯 (City Lights) のコンサートの後
博士と友人達にホールのロビーで合流 食事ををしよう、となりました
21c Museum Hotelではまだ1度も食事をしていなかったので興味津々


このホテルは全米に未だ3軒しかないアートに力を入れているホテル
Crystal Bridgesのコレクションを見た後でここへ来ると規模の違いがあるので
正直なところ、もう少し頑張ってね!と思いますが、Crystal Bridgesは
世界で有数のお金持ちの女性、アリス・ウォルトン(ウォールマート一族の
長女) のコレクション... 敵うわけがありません...


レストランがオープンするまで、ロゼのスパークリングとハマスをいただき
ながらコンサートの裏話など...
IMG_4409_convert_20131001104338.jpg

4人ともメインに肉料理を注文 
メインに合うように、とジンファンデルを勧められました 
ビーフの骨髄を焼いたアペタイザーが到着 薄く焼いたトーストに骨髄、
そしてアプリコットのジャムのリッチな味わい+赤ワインは最高!
IMG_4414_convert_20131001104415.jpg

博士はリブアイステーキを注文
この薄いグレーがかったソース、何で出来ていたのかな? 未だに謎...
IMG_4420_convert_20131001104550.jpg

私の注文したダックのグリル お肉の脂身とほんのりピンクのお肉が
絶妙な火の通りで美味しかったです 何気にコーンの付け合わせの甘みが
ダックをさらに美味しくさていました♡
IMG_4424_convert_20131001104502.jpg


普段は店内の写真をたくさん撮るのですが、この日はおしゃべりに花が咲き
気付いたらレストランを後にしていました
知人のお嬢さんがここでパティスリーのチーフをしているので、
コーヒータイムに改めて来ましょう 次回はホテルの様子をお見せしますね


21c Museum Hotel
200 NE A Street
Bentonville, AR 72712
phone: 479-286-6500


スポンサーサイト
【2013/09/30 16:32】 | 美味なるもの | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サイレント映画とオーケストラの共演 /街の灯、City Lights
9月29日のArkansas Philharmonic Orchestraのコンサートで
チャップリンの「街の灯 (City Lights)」を演奏することを数日前に書きました

そのブログを読んだ私の父がこんな質問をしてきました
「音楽は誰が作ったの?それとも新しい曲を弾くの?」


私、前回のブログで大切なことを書き忘れました!
音楽はチャップリン自身が書いています チャップリンは楽譜を読んだり、
音符を楽譜として書き記すなどの音楽教育は受けていなかったため、
オーケストラ用のアレンジは Arthur Johnston and Alfred Newmanが
手がけています

ドレスリハーサル(本番直前のリハーサル)直後の私の楽譜、
右上にチャップリンの名前が書いてあるの、見えますか?
IMG_4408_convert_20130930234517.jpg
ちなみに私の楽譜は90ページありました 指揮者のフルスコアは約600ページ 2冊組でした

その場面、登場人物の心の表れが音楽と一体になったチャップリンの映画
改めてその才能の豊かさに改めて敬意を表したいと思います


余談ですが...
街の灯 (City Lights)の盲目の花売りの少女のテーマはJosé Padilla作曲の
“La Violetera” (誰が私のすみれを買うの?)から引用されています
可憐で、少し切ないメロディーはその役柄にぴったりでした


【2013/09/30 09:23】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ドイツ家庭料理のパーティー
週末にドイツ家庭料理のパーティーにお招きいただきました
「母が来ているから」と現在ニューメキシコのに住んでいらっしゃる
レックスのお母様 (ドイツ南部のご出身)が朝早くから私達の為に作って
下さったお料理がずら〜っと並びました


オリーブのディップが美味しかったです 止まらなくなりそう...
IMG_4366_convert_20130929123609.jpg
IMG_4368_convert_20130929123655.jpg


お酒の好きなレックスと奥さんのオルガ
あれっ...? たくさんのボトルの向こうに見えるのは消化器 
お酒を飲み過ぎて、火のように暑くなった体を冷やすため? (笑)
IMG_4383_convert_20130929124117.jpg


赤キャベツのザワークラウト 今まで食べた中で一番美味しかった
ビネガーとお母様独自のレシピと思われる微かな甘さが食を進めます
ビーフの煮込みもソースをかけていただきます
IMG_4369_convert_20130929123742.jpg
IMG_4371_convert_20130929123809.jpg


手作りのパスタ このパスタがビーフ&ソースにとても合うんです
IMG_4373_convert_20130929123914.jpg

パスタを作った器具を見せてもらいました 
前世紀の調理器具だよね、と笑っていたけれど、そこから家庭料理の
美味しさは代々受け継がれるのであります
IMG_4376_convert_20130929123950.jpg
IMG_4378_convert_20130929124020.jpg


最後はリンゴとキャラメルのケーキをデザートでいただきました
アイスクリームとキャラメルソースもしっかり乗せて...
とろける甘さが幸せにしてくれます 何から何までご馳走様でした
IMG_4395_convert_20130929124212.jpg


この日は日曜日のオーケストラの本番の為、朝10時から1時までリハーサルが
ありました そして4時からのこのディナーに合わせてランチを抜いた私
もうディナーが美味し過ぎて自分の許容量以上いただきました

そこで不安が過ります 明日の本番の黒ドレス、着られるかな...?


【2013/09/28 21:53】 | パーティーガールの日 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小さな侵入者
ねえ、ちょっと!
私の家に勝手に上がって来ないでよ !!
子供のくせに、一緒に遊ぼう、って言わないの !!!
それにね、私のこと「お姉ちゃん」なんて気安く呼ばないで !!!!




えっ?
IMG_3644_convert_20130928052154.jpg




ええ〜っ、一緒に遊ばないの?!
IMG_3648_convert_20130928052237.jpg






IMG_7570_convert_20130928052740.jpg


言っておくけど



私、ネコ、嫌いなの!!!!!







ボク、怒られちゃったよ.....
IMG_3651_convert_20130928052349.jpg







まったくもう、フンッ!
IMG_7571_convert_20130928052822.jpg


【2013/09/27 14:30】 | 猫のティティと仲間達 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
街の灯 / City Lights, Charlie Chaplin
日本に居る両親が私のブログを楽しみにしているようで、ほぼ毎日ブログをチェックしています

そんなある日、母が一言... 「何かいつも遊んでばっかりのブログ...
ちゃんと勉強 (ヴァイオリンの練習) してるのかしら?」と...

お母様、ちゃんと勉強&練習しています
今週末にはオーケストラの本番がありますよ

9月29日のコンサートは、いつもと趣向が違います
チャーリー・チャップリンのサイレント映画に合わせてオーケストラの
演奏がつきます そう、当時のサイレント映画の興行よろしく、
映画&オーケストラをこの21世紀に再現させるのです


IMG_4339_convert_20130927112933.jpg


街の灯 ( City Lights) は盲目の花売りの女の子とチャップリンの心温まるお話
1時間20分の映画に合わせノンストップの演奏は緊張感の持続が必要ですが、
私はもともとオーケストラでオペラやバレエの伴奏をするのが好きです
なのでとても楽しみなコンサート♡

この街の灯を「勉強」するにあたり、改めてチャップリンの才能に
感心しています ストーリーの面白さは勿論だけれど、テーマの良さ、
細やかな表現には舌を巻きます


Arkansas Philharmonic Orchestra
Sunday, September 29th, 2013, 2:00PM
Arend Arts Center on the campus of Bentonville High School
1901 SE J Street, Bentonville, AR 72712

The performance is part of he Symposium: Arts of the Citizen on September 25-29, 2013, in association with the University of Arkansas Department of Communications and Crystal Bridges Museum of American Arts


【2013/09/26 22:48】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小泉八雲とアーカンソー大学
9月30日までアーカンソー大学内の1階ギャラリーで
小泉八雲の初版本が展示されています
IMG_4326_convert_20130926225041.jpg

どういう経緯でアーカンソー大学にこれらの本が購入、または寄贈されたのか
分かりませんが、これらの本はアーカンソー大学の所蔵です
IMG_4305_convert_20130926225127.jpg

今年はアーカンソー大学と島根大学が交換留学を始めて20年を迎えた記念の年
小泉八雲が島根の松島に住んでいたのは有名な話 素敵な偶然ですよね
先日の大学内に植樹された桜の記念式典にも島根大学の学長が出席されて
いました
IMG_4306_convert_20130926225302.jpg


100年以上前に出版された本、大切に保管されていたのが分かります
IMG_4308_convert_20130926225202.jpg

IMG_4314_convert_20130926225415.jpg
IMG_4312_convert_20130926225346.jpg

IMG_4318_convert_20130926225617.jpg
この「小泉八雲」の印 いい形してますよね


「怪談」は日本人でなく、日本を愛する外国人が書いた本だと知った
当時小学生の私の衝撃は大きかったです 
24日に催された日本体験、研修発表の時も「日本大好きアメリカ人」の
学生さん達に、日本についてたくさん教えてもらいました
IMG_4315_convert_20130926225448.jpg

異文化って魅力がありますもんね...
私がアーカンソーを中心にこのブログを書いているのも近い理由だと思います

【2013/09/25 23:59】 | アーカンソーのなかの日本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
可愛い子には旅をさせろ/Exploring in Japan
博士の研究室に在籍するジェス (Jess)とドウン(Dawn)
今年の夏、岡山大学医学部で約3ヶ月研修をしてきました 
二人にとって初めての日本 見るもの、経験する事がとても新鮮で
刺激的だった3ヶ月
IMG_4299_convert_20130925150604.jpg

今日はこの二人の他、アーカンソー大学日本語学科で日本語を学び、
JETプログラムで日本へ行き英語を教えた2人、そして九州の別府で1学期間
留学をした1人、計5人による Exploring in Japan/日本体験、研修の
発表がありました
IMG_4248_convert_20130925145439.jpg


ジェスが岡山大学の実験室の規模の大きさ、施設の充実度について話します
ジェスはとても優秀で化学と生物学の2科目を専攻しています
IMG_4259_convert_20130925145619.jpg
高校時代に出会った化学の先生の影響で生物化学(biochemistry)に興味をもったジェス 
その化学の先生とは私達の地域のポルシェ倶楽部の会長...!!!



ドウンは将来、国境なき医師団で働きたい夢を持っています 
なのでアメリカから一歩外へ出て研究をしたかったそうです
IMG_4275_convert_20130925145925.jpg
日本で買った浴衣を着て研修の様子を話すドウン この浴衣を着て花火大会へも行きました


5人の発表が終わった後はレセプションでは日本の味を
博士と私はこのレセプションの為、朝7時から豚カツを揚げました 参加者数の
見当がつかず、最大で50人を想定して準備をしました
私が豚カツの衣を付け、その横で2つの鍋を使って豚カツを揚げる博士
まるでお肉屋さんの夫婦になったような流れ作業
IMG_4292_convert_20130925150014.jpg
定番のおにぎり でもおにぎりの入ってるお重箱は京都で見つけた
100年近く前の漆のお重箱 私の宝物
IMG_4295_convert_20130925150251.jpg
日本のサツマイモを見つけました 秋の味覚代表でスイートポテト
IMG_4294_convert_20130925150211.jpg


日本に興味を持つ学生が集まった体験、研修談
今後、どんな生徒達が日本を経験するのでしょうか
IMG_4297_convert_20130925150525.jpg


【2013/09/25 00:10】 | アーカンソーのなかの日本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アーカンソー大学の優雅なホテル /Inn at Carnall Hall, U of A
アーカンソー大学のキャンパス内に1907年に建てられた元女子寮があります
パステルピンクがかった建物は、現在、 Inn at Carnall Hall と呼ばれホテルとして使われています 9月23日はホテル開業10周年のパーティー
IMG_4247_convert_20130924124943.jpg

メインエントランスを入ると美しく飾られた白い花々が歓迎
そしてパーティーのアペタイザーの準備が始まっていました
IMG_4219_convert_20130924123842.jpg


アーカンソー大学で女性で初めて教鞭をとったElla Carnall (エラ・カーナル) の
名前を冠した建物 このカーナル女史の肖像画は私の友人、ヒサエさんの
義理のお父様、James Yale氏によって描かれています 
ヒサエさんはアーティスト 義理のお父様もアーティスト 不思議なご縁です
IMG_4222_convert_20130924124420.jpg


女子寮で生活する当時の女子学生達
IMG_4224_convert_20130924123936.jpg
IMG_4225_convert_20130924124005.jpg


1907年に建てらえた女子寮は1991年に一度閉鎖されます そして暫くの間
誰も手を入れることがありませんでした 2002年、美しい建物の雰囲気を
損なわない配慮のもとホテルとして再出発する工事が始まり、翌2003年
9月23日にグランドオープンしました

客室は50部屋のみ これまでビル・クリントン元アメリカ大統領、
ダライ・ラマが宿泊しています
IMG_4236_convert_20130924124334.jpg
IMG_4235_convert_20130924124307.jpg


カーナルホールはホテルの他、レストラン、ラウンジも併設されています
IMG_4231_convert_20130924124142.jpg
レストランElla's ワインテイスティングの日があるそうです
IMG_4240_convert_20130924124515.jpg
早めに到着した私達 ラウンジでゆっくり時間を過ごしました


いよいよパーティーが始まりました
色とりどりの冷製アペタイザー この他に温かいアペタイザー、一口サイズの
ハンバーガーがありました ハンバーガー、ジュシーで美味しかったです
IMG_4227_convert_20130924124106.jpg
IMG_4241_convert_20130924124646.jpg
IMG_4242_convert_20130924124747.jpg
10周年を記念したチーズケーキ 写真はありませんがチョコレートの
トリュフはきめ細かく、口の中で溶けます
IMG_4245_convert_20130924124844.jpg


アーカンソー大学でhospitality (接客、流行りの言葉で言うなら、おもてなし、
と訳したらいいのでしょうか) を学ぶ学生さん達がここで実習をしています
IMG_4210_convert_20130924123523.jpg


Inn at Carnall Hall
465 N. Arkansas Ave., Fayetteville, AR 72701
phone:(479)582-0400, or 1-800-295-9118


【2013/09/23 21:55】 | 街の人々/風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Core Brewery /Springdale, AR
日曜日、アーカンソーではお酒は買えません... どういう訳だか...

でもワイナリーやブリュワリーでは買えるのです
この法律、少しづつ改善されつつあり、隣町のスプリングデール、
ウォルマート本社のあるベントンヴィルでは日曜日でもお酒は購入可能に
なりました


ところでこの数年、アーカンソー北西部ではブリュワリーは勢いがあります
Core Brewery はビジネスを始めて3年たったところ
IMG_3126_convert_20130923125404.jpg


ブリュワリーのトレードマークはダックスフンド
創業者Jesse Core (ジェシー・コア) 氏の飼っていた犬、バーニー
お母様から贈られたバーニーは19年の間、コア氏と生活を共にしました
IMG_4197_convert_20130923125822.jpg


お店はビールだけの為にあります インテリアもシンプル
おつまみは無料のポップコーンと3ドルのホットドッグ
ビールのテイストはたくさん出来ます 今のお勧めはパンプキン
色がほのかにオレンジがかったパンプキン 香りもほんのりパンプキン
IMG_4206_convert_20130923125958.jpg
夏にはラズベリーのビールがありました 文字通りフレッシュなラズベリーを香り付けで入れています やわらかなピンクがかったビールでした

私達はビールを買いにやって来ました
お店のオリジナルのボトルを下げて、こんにちは
IMG_4194_convert_20130923125653.jpg


スタウトを注文 
アメリカのギネスビールは味がアメリカ向けに薄くなっていますが、
Coreのビールは本場のギネスに負けない輪郭のしっかりした
苦みのあるビール 一般に好まれるのはESB 軽めのビール American Lightも
あります
IMG_4202_convert_20130923130350.jpg

Core Breweryとの出会いは28 Springsでテイストしたことから始まります
その翌週、偶然にもコア氏から博士の勤めるアーカンソー大学の化学部へ
品種改良の相談にのってほしいと連絡があり、博士と他の教授数人は
喜んでその依頼を受けてCore Breweryを訪問 
博士はビールを下げて帰ってきました (大変よくできました!)
IMG_4204_convert_20130923125918.jpg


隣町、スプリングデールの工場地帯にあるビール屋さん
ビールだけで勝負!なお店は午後3時からオープン
近くの工場で働くお父さん達が、帰りに1杯飲んで家路につきます
IMG_3123_convert_20130923125253.jpg


Core Brewing Company
2470 Lowell Rd, A3
Springdale, AR 72764
phone: 479-879-2469
3:00PM-7:00PM daily

【2013/09/23 11:56】 | 美味なるもの | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
静かな日曜日の朝に
BBB (Bike, Blues & BBQ, バイク、ブルース&バーベキュー) Festivalが
土曜日で終わり、フェイエットヴィルをを訪れた多くのバイカー達は
日曜日の朝、この街を後にします

IMG_4183_convert_20130923152459.jpg



街全体を見渡せる丘の上にバイクが一台
モーターサイクル・ダイアリーズ (Motorcycle Diaries)
思い出させました


【2013/09/23 06:45】 | 街の人々/風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。