FC2ブログ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アンティークな郵便局
フェイエットヴィルのスクエアには1911年に建てられた元郵便局が
そのまま残されています。2,3年前にレストランとして営業していたのですが
軌道に乗らず閉店... その後は暫く買い手がつかず...

IMG_3528_convert_20130903061437.jpg


やっと誰かが、この古い郵便局を買い取りました
でも、どんなことが始まるかは謎に包まれたまま...


最近の私の日課は、夕食の後、自分のスタジオへ戻って夜遅くまで
来週のコンサートの練習をすること。その時に、この郵便局の横を通って
スタジオへ行くのですが、ある晩、この建物に明かりが灯され、
とても優雅な雰囲気を醸し出していました...
そして、ついに何かが起こる事も予感されました...


8月最後の週末、やっと謎が明かされました
Country Outfitter (カントリーアウトフィッター) というお店になったのです

IMG_3588_convert_20130903054215.jpg


早速、入ってみましょうね
IMG_3619_convert_20130903115327.jpg


エントランスは高い天井、外からの明かりが柔らかく入ります
そして左側にはカフェが準備されるようです
IMG_3608_convert_20130903055837.jpg
IMG_3609_convert_20130903061124.jpg


お洒落なカウボーイブーツ、バッグがたくさん置かれています
IMG_3594_convert_20130903054350.jpg


IMG_3596_convert_20130903054715.jpg


子供用だってあるんです
IMG_3591_convert_20130903054300.jpg


IMG_3602_convert_20130903055017.jpg


IMG_3598_convert_20130903054855.jpg

Country Outfitterは2011年にオンラインショップとしてビジネスを始めます
このスクエアのお店が記念すべき第1号店
IMG_3605_convert_20130903055058.jpg


IMG_3599_convert_20130903054937.jpg


IMG_3610_convert_20130903061206.jpg


スポンサーサイト
【2013/08/31 14:37】 | 街の人々/風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大きな犬のやって来る図書館 /Rogers, AR
フェイエットヴィルの北にあるロジャースの図書館へ
コンサートのチラシを貼るために出かけました


ここの子供の本のコーナーでは、毎月2回楽しいことがあります
大きな犬が図書館へやって来て、子供達と一緒に読書の時間を過ごします
IMG_3582_convert_20130902212159.jpg


犬の名前はScout、スカウト 新聞にも記事が載っています
IMG_3579_convert_20130902212329.jpg


毎月2回、第2,4水曜日にスカウトはロジャース図書館へ
8月14日からスタートしたばかりでした
大きな犬と一緒に本を読む、小さな子供には嬉しいことですよね
IMG_3581_convert_20130902212532.jpg


Rogers Public Library
711 S Dixieland Rd, Rogers, AR 72758
phone: (479) 621-1152

Monday - Thursday, 9:00 AM to 9:00 PM
Friday & Saturday, 9:00 AM to 5:00 PM
Sundays, 1:00-5:00 PM





IMG_3371_convert_20130902214701.jpg

ねえ、ティティ
ティティも図書館でボランティアする?


いいえ、結構よ
我が家のお客様の接待で充分


【2013/08/30 20:39】 | 猫のティティと仲間達 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
まだ8月なのに...
東日本大震災のチャリティーコンサート Miho's Music Restaurantの
準備はたくさんあります。アーカンソーの北西部の街を奔走する中、
面白いものを見つけるのもこういう時。

コンサートで、被災地を訪れた時の写真をお客様に見ていただこう、と
Hobby Lobbyという趣味のお店へ写真を入れる額を探しに行きました


IMG_3568_convert_20130901224716.jpg


どこから見てもクリスマスツリー.....

 
ツリーだけでなくオーナメントも一杯、プレゼント用のラッピング用品、
リボンも棚に一杯おいてあります お店のやる気が感じられます...

IMG_3569_convert_20130901224755.jpg
IMG_3570_convert_20130901224849.jpg
IMG_3571_convert_20130901224925.jpg
IMG_3573_convert_20130901225137.jpg



クリスマスまでにハロウィン、感謝祭もあるんですけどねえ...

IMG_3574_convert_20130901225225.jpg


【2013/08/30 12:18】 | とりとめもない話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
陸前高田こども図書館 ちいさいおうち
「陸前高田こども図書館 ちいさいおうち」のお話をする前に、
東京子ども図書館について少しお話します


東京子ども図書館は、東京都中野区の静かな住宅街にあるレンガ造りの
図書館です 現在の場所に移ったのは1997年 そのオープニングで私は
ヴァイオリンを演奏させていただき、ご縁が始まりました

東京子ども図書館は「たくさんの子供達が、本の中でおもしろいこと、
ふしぎなことを経験し、よい人間に出会い、深い考えにふれて、子ども時代に
幸せを蓄えつつ育つように」と、1950年代から石井桃子さん、土屋滋子さんの
家庭文庫をはじめ、さらに1967年に松岡亨子先生の松の実文庫が加わります
その後、1974年に東京都教育委員会から財団法人の許可を得て、東京子ども
図書館として始まりました

私は石井桃子さんや松岡亨子先生の本を読み、ああ、本って面白い、と
思って育ちました。東京の大学へ進学をしたことで松岡亨子先生と
出会えたのは、本当に大きな感激と喜びでした

ちなみに幼かった私が言葉の面白さをを初めて感じたのは、松岡亨子先生の
「とこちゃんはどこ」でした。シンプルなのに、どうしてこんなに的を得た
表現をされるのだろう、と、大人になった今も、松岡先生の作品には
いつも感銘します


前置きが長くなりました
これから「陸前高田のこども図書館 ちいさいおうち」のレポートです

IMG_8219_convert_20130831235150.jpg


津波で甚大な被害を受けた陸前高田にトレーラーハウスで作られた
子供のための図書館があります
「陸前高田こども図書館 ちいさいおうち」です 

薄暗い冬の空の下で訪れた陸前高田
こども図書館に到着する前に津波に襲われた街も見ました
骨組みしか残っていない市役所、学校、ビルや歩道橋
自然が私達へ牙を向けた様子に胸が締め付けられました


でも子ども図書館へ一歩足を踏み入れると、そこは凍りついた心が
一瞬で解けていくような空間が待っています。まるでモノクロの映画が 
突然カラーになったような衝撃でした

IMG_8206_convert_20130831235240.jpg
IMG_8208_convert_20130831235319.jpg

IMG_8209_convert_20130831235402.jpg

IMG_8210_convert_20130831235439.jpg

現在、陸前高田市図書館の仮設図書館が「ちいさいおうち」の隣にあります
なので大人も子供も両方の図書館へ行き来できます

家庭的で、心の温まる図書館が少しでも早く陸前高田に再建されるよう、
私もアーカンソーにに住む友人と一緒にコンサートを続けて行きたいと
思います

IMG_8214_convert_20130831235522.jpg


最後に...
松岡亨子先生はフルブライト奨学金を得てウェストミシガン大学大学院で
児童図書館学を学ばれています。そのフルブライト奨学金のフルブライトは
アーカンソー大学の学長をしていました
いつか松岡先生にアーカンソーへ来ていただきたいなあ、と夢見ています


【2013/08/29 09:50】 | 私達にできること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2012年12月の陸前高田訪問 
Miho's Music Restaurant (実穂の音楽レストラン) を終え、集まった募金を
携え日本へ一時帰国した私と、アーカンソー大学で日本語学科を教えて
いらっしゃる田中望美先生は、2012年12月クリスマスの少し前、東京子ども
図書館の理事長、松岡亨子先生と一緒に陸前高田にある小友 (おとも)小学校
を訪問しました。


津波で鉄道路線が破壊されたため、新幹線で一ノ関まで行き、
そこからタクシーの移動でした
IMG_8114_convert_20130831211737.jpg


旅にお弁当はつきもの
美味しそうなおつまみセットとワインを買い込み新幹線へ乗車
IMG_8108_convert_20130831211839.jpg


一ノ関のホテルで松岡亨子先生と落合い、翌朝、小友小学校へ向かいました
久々に味わう日本のホテルの朝ご飯 懐かしい味がたくさん
IMG_8116_convert_20130831234111.jpg


私達が訪問した12月21日は、すでに雪が降り始め、気温が摂氏2,3度の寒く
灰色の空に覆われた曇天の一日
IMG_8184_convert_20130831212046.jpg


たくさんの遊具、サッカーゴールやソフトボールのフェンスがあったで
あろう運動場。津波が襲った後は何も残されていません
IMG_8185_convert_20130831215426.jpg


松岡先生による低学年の生徒さんへの「おはなしの時間」の後、音楽室へ
移動し「音楽で訪れる世界旅行」のコンセプトで1時間弱のコンサート
IMG_3731_convert_20130831212648.jpg
私達が何処に住んでいるか世界地図で確認 日本はここ、アメリカはここ、
アーカンソーは小さくて見えないねえ...



キティーちゃんとアーカンソー大学のコラボレーションTシャツ 見えますか?
IMG_3732_convert_20130831212802.jpg


クリスマスの少し前だったのでサンタさんの赤い帽子をかぶって...
望美先生が用意されたアメリカのお菓子と“ラッキーペニー”(1セント) の
説明をしています
IMG_3742_convert_20130831212910.jpg


皆で♪We Wish Your Merry Christmasを歌いました
CIMG1886_convert_20130831213453.jpg


音楽室を出る時にアーカンソーからやって来たサンタレイディースから
お菓子のプレゼント
IMG_3744_convert_20130831213111.jpg


私が想像しても想像力が追いつかないであろう経験をした小学生の子供達
元気で素直で... こちらが励まされたような気分になりました


日本を離れて暮らしている私達
でもいろいろな形で被災地、被災された方達を応援していくことはできると
思います。一番大切なのは、あの出来事を、そして、そこにいた人達を
忘れないこと...

【2013/08/29 09:44】 | 私達にできること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
音楽レストラン?/ What's Miho's Music Restaurant?
今日は私の大切にしているコンサートについてお話します
私はこのコンサートを“実穂の音楽レストラン (Miho's Music
Restaurant) ”と名付けました

皆さん、レストランではお好きな物を注文され、そのお食事、デザートを
味わい楽しまれますよね? でもコンサートはどうでしょうか? 
通常、コンサートでは決められた曲をホールで聴いて楽しみます。
でも、もしご自分のお聴きになりたい曲を、その場で演奏家に「注文」し
その曲が演奏されたらどんなに楽しいでしょうか?

SANY3906_convert_20130830123228.jpg

昨年、私はこの新しい試みに挑戦してみました
演奏する側としては、練習も、心の準備も必要で大変ではあるのですが、
お客様が楽しんで聴いていらっしゃる様子を、演奏中に感じるのは
音楽家冥利に尽きます


プログラムは前菜(コンサートのオープニングに相応しい華やかな短めの曲)
メイン(ヴァイオリンソナタ)デザート("小品"と呼ばれる3,4分程度の
短い、そしてよく知られている曲を20曲近く準備します)最後に、
デザートワイン(10分程度のヴァイオリンの技巧をこらした曲)という
構成です


その中で「デザート」の時にお客様からご注文をいただき、私とピアニスト
(今回はアーカンソー大学でピアノを教えていらっしゃる柏木知子さん)が
演奏します。昨年は“熊ん蜂の飛行” “ショパンのノクターン(ヴァイオリン
用に編曲されたもの)”そして宮城道雄の“春の海”などを演奏しました


SANY3926_convert_20130830101015.jpg


このMiho's Music Restaurantは東日本大震災で被災した子供達を応援、
支援する為のチャリティーコンサートです。私とフェイエットヴィルに住む
日本人の友人達は、アメリカのセイヴザチルドレン(Save the Children)と
陸前高田市に図書館を再建するお手伝いをされている東京子ども図書館を
通じて、図書館再建のプロジェクトを応援しています


【2013/08/28 09:43】 | 私達にできること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
偉大なるスポンサー, Liquor World /Fayetteville, AR
職業柄、私はコンサートの企画をするのが得意です
その中でとても大切にしているコンサート、Miho's Music Restaurant
9月8日(日) フェイエットヴィル市の聖ポール教会で行われます 

このコンサートは東日本大震災の復興支援のコンサートですが、
私とフェイエットヴィルに住む日本人の仲間達は、特に被災した子供達を
応援していこう、と震災直後から年に1回、チャリティーコンサートを
続けています 

入場無料のコンサートですが、お客様からご寄付をお願いしています
そして、いただいたご寄付はアメリカのセイヴザチルドレン (Save the
Children)と陸前高田市の図書館再建をお手伝いをされている
東京子ども図書館へお送りします


Miho's Music Restaurantでいつも応援して下さっているお店があります
それがFayetteville's Liquor World


コンサートの後は友人達の作った美味しいアペタイザーとデザートを
お客様に楽しんでいただくのですが、私のコンサートにワインは無くては
ならないもの。そのワインを提供してくださるのがリカーワールです

入り口に入ると、お勧めワインがズラーッと並んでいます
奥へ行くと生産地ごとにワインが分けられ、隠れんぼが出来そうな程の数...
ワインに力を注いでいるのが分かります
IMG_3549_convert_20130829021913.jpg


お店でワインのテイスティングを担当するバーブ
彼女の実家はワイナリーを経営しています ワインに囲まれて
育ったバーブもワイン好き 私達のご指南役です
IMG_3547_convert_20130829021539.jpg
リカーワールドのFacebookによれば、バーブの誕生日は7月12日。私の誕生日は7月11日。1日違いではありませんか!

今日のお勧めはニュージーランドのソーヴィニョンブランク
レモンやの爽やかさ、キリッとした口当たりのワイン
IMG_3548_convert_20130829021734.jpg


ワインテイスティングは毎週木、金曜日の5:00PMから7:00PMと
土曜日の2:00PMから6:00PMまで( 7:00PMだったかも?) 行われています


IMG_3550_convert_20130829022033.jpg

今年もまた赤、白を混ぜて1ケース、ワインを提供して下さいます!
そして友人達が美味しいアペタイザー、デザートを作ってくれます!!
コンサートの後が「美味しい時間」になることは間違いありません!!!


Liquor World
3330 N. College Ave , Fayetteville, AR 72703
phone: 479-587-0480
Monday - Thursday 9am - 10pm
Friday & Saturday 9am - Midnight

【2013/08/26 17:27】 | 街の情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ある日の朝市で
今週末はFayetteville Roots Festival が4日間が行われました

2010年から始まったRoots Festival (ルーツフェスティヴァル) では
自分の街をもっと知ってもらうことが目的です
ブルーグラス、カントリーミュージックや他の音楽が街のあちこちの会場で
演奏されます。そして多くの人に愛されるカフェ、レストランも協賛し、
食と音楽を楽しむ場としてお店を提供します


ファーマーズマーケットも「地元の食」を紹介する場として参加しました
そのファーマーズマーケットで面白いコンテストを発見。地元の農家で
作られた野菜を使ってオブジェを作るコンテストを見てみましょう

IMG_3542_convert_20130826130411.jpg
IMG_3540_convert_20130826130244.jpg

大人の部門で第1位に輝いた作品
IMG_3541_convert_20130826130333.jpg


この可愛い女の子は子供部門で第1位になりました
茄子を使ってお花と虫を作ったそうです
IMG_3539_convert_20130826130159.jpg


Roots Festival 今年はなかなか良いアーティストが出演したそうです 
3日間と4日間のパスは完売 人気があります
IMG_3525_convert_20130826125835.jpg


私は2週間後のチャリティーコンサートの準備で、どのコンサート、
ライヴにも出かけられませんでした... 練習は音楽家の宿命...

来年、出掛けられるかなあ....?

【2013/08/25 22:51】 | 街の人々/風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Apple Blossom Brewing Company /Fayetteville, AR
我が家はビールよりワインの消費率のほうが高い家庭ですが、美味しいビールを作るお店ができた、と聞くと出かけて味見をしたくなります

フェイエットヴィル、そしてお隣のスプリングデールに地ビールのお店が
増え始めました。さらに最近はFayetteville Ale Trailなるものができ、
この地ビールのお店でパスポートにスタンプを押してもらいます。
パスポートはフェイエットヴィルのダウンタウンスクエアにある
ヴィジターセンター (21 South Block, Suite 100, Fayetteville, AR 72702
phone: 479-521-5776 or 800-766-4626) で手に入れましょう


Apple Blossom Brewing Companyは独立記念日に行われたヴェトラン
レース
の受付会場だった場所ですが、お店が無事にオープンしました


お店はアンティーク風の家具で落ち着いた雰囲気
IMG_2486_convert_20130826135846.jpg
IMG_2480_convert_20130826135502.jpg


博士はTwo Black Dogsなるスタウトを、私は新商品のO'l Boggy Altを
7月初旬に飲んだ時より、ビールが格段に美味しくなっていました!
IMG_3481_convert_20130826135951.jpg


アペタイザーも忘れてはいけません
カリッと揚がったポテトにチーズのかかったFayette_Weisse Alfredo FriesとスパイシーなチキンにブルーチーズソースのChicken Drumettes 
味は濃いめですがビールが進みます
IMG_3482_convert_20130826140036.jpg
IMG_3488_convert_20130826140215.jpg


IMG_3491_convert_20130826140429.jpg

Apple Blossom Brewing Company
1550 E. Zion Road, Fayetteville, AR 72703
phone:479-287-4344
Tuesday-Sunday, 11:00AM-9:30PM(夏の営業時間)


Apple Blossom (アップルブロッサム) はリンゴの花のこと
リンゴの花はアーカンソー州の花なんです

【2013/08/23 22:51】 | 美味なるもの | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
世界を征服した猫とアーカンソー大学の企て
私はいつも思う...
世界を征服した犬はスヌーピー
世界を征服した猫はキティーちゃん


キティーちゃんの可愛らしさは世界のあらゆる所、それはメキシコの田舎、
ペルーのアンデス山脈の麓でも見かけました そして私は日本人として
改めてキティーちゃんの魅力に驚嘆せざるを得ないのです


そのキティーちゃん、やってくれたんです 夢の共演
アーカンソー大学とのコラボレーション...........!!!


IMG_7163_convert_20130825054347.jpg


IMG_7164_convert_20130825054434.jpg


このTシャツは去年発売されたものですが、私はつい何枚も購入し、
日本へ帰国する友人、一時帰国する友人へ押しつけました
だって可愛いし、面白いではありませんか?日本では買えないんですよ


このTシャツが、この後とても大きな任務を果たすことを全く予想して
いませんでした。キティーちゃん&アーカンソー大学のTシャツは
私とアーカンソー大学で日本語学科を教える田中望美先生と一緒に
東日本大震災で甚大な被害を受けた陸前高田を訪問することになったのです


今年もキティーちゃんとアーカンソー大学の共演はないか、と探して
いるのですが、今のところ発見できず.... です


【2013/08/22 20:31】 | とりとめもない話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。