FC2ブログ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
桜の涙 / Elegy to Japan in memoriam March 11th
素敵な曲を見つけました
ご興味のあるか方は下のリンクをクリックしてください


桜の涙 / Tears of Sakura




「桜の涙 / Tears of Sakura」は
在日フランス人指揮者で作曲家のヤニック・ペジェ氏の作品



桜の涙の印税(演奏と放送)は桃・柿育英会に寄付されます。
桃・柿育英会とは、東日本大震災で両親を失った子供たちのための組織で、
建築家の安藤忠雄氏、指揮者の小澤征爾氏といった
有名な芸術家たちによって設立されました 
(ヤニック・ペジェ氏のウェブサイトから原文を引用させていただきました)



朝9時半のアポイントに向けて車を走らせている最中、
ラジオから流れてきた曲です



私も、必ずいつかこの曲を弾くのでしょう
いいえ、演奏しなくてはならない曲
日本から離れていても、いつも心の中にある、私の大切な場所

スポンサーサイト

テーマ:海外音楽 - ジャンル:海外情報

【2016/03/11 14:46】 | 私達にできること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
私が出会った本と松岡亨子先生
陸前高田こども図書館 ちいさいおうちの探偵さん(図書館職員の方)に
私の子供時代の思い出がいっぱい詰まった本2冊を探していただきました



この2冊にある共通点を見いだしたのは大学生になってから...

その1冊は「とこちゃんはどこ」  松岡亨子 作
もう1冊は「しろいうさぎとくろいうさぎ」  まつおかきょうこ やく

私が出会った本-1, 2015-3-21



そうなんです!
思い出の2冊の本の作者と翻訳者は偶然にも同じ方でした!
そして私は大学生時代に、その作者、松岡亨子先生のお宅の斜め向かいの
マンションで、産まれて初めての一人暮らしをしていました!

今では私の「人生の師」と心密かにお呼びしている松岡亨子先生
先生が関わられた本で子供時代を過ごし、そして何かに手招きをされて
いるかのように、人生初の一人暮らしでご近所に住むこととなりました





文字が読めるようになり自分で本を読む楽しさを覚えた私が
「言葉って面白い!」と思ったのは「とこちゃんはどこ」のこのシーン

とこちゃんは、どこでも自分でとことこ歩いて行ってしまう男の子
今日はお父さんと一緒に動物園へお出かけです
そして、アッとう間に一人でどこかへ行ってしまいました!

私が出会った本-2, 2015-3-21



当時の私も、とこちゃんよろしく迷子になるのが得意でした(笑)
とこちゃんのお父さんは無事にとこちゃんを見つけて帰宅します

私が出会った本-3, 2015-3-21



私が「言葉って面白い!」と思い、何度も読み返したのはこのページ
そして「なんだか、うちみたい!」と子供心に思ったのでありました(笑)

私が出会った本-4, 2015-3-21



松岡亨子先生の文章の楽しさは、ほんの少しの言葉の違いの面白さ、
繰り返しの面白さ、そして言葉の数の豊かさにあると思います
そして、その魔法の言葉が子供の心をギュッとつかむのでした!




さて、とこちゃんは何処でしょうか?
とこちゃんは赤い帽子を被った小さな男の子です

私が出会った本-5, 2015-3-21




松岡先生が理事長を務められた東京都中野区にある東京子ども図書館で、
仲間と一緒に始めた「子どもといっしょの音楽会」
音楽会の企画は「みしのたくかにと企画」と呼ばれていました 
この企画の命名は松岡先生、とにかくたのしみな時間になるよう、
仲間とアイディアを出し合って音楽会を開いていきました

大学を出たばかりの私に、この企画を通して松岡先生からいただいた
言葉の数々が、自分のもの(世の中)を見る目、そして考え方の礎に
なっていったのは言うまでもありません 
その言葉の数々は、今でも私を支えてくれています

私が陸前高田こども図書館 ちいさいおうちを支援したいのは、
震災で、もしかしたら私達が一生遭遇しないかも知れない
悲しい経験をした子供達が、この小さな図書館で安らぎ、楽しい時間を過ごし、
そして本を通して豊かな想像力を育む時間が、
彼らの悲しみを少しでも消してくれるかもしれない、と願っているからです



今日も私のブログへご訪問くださり有り難うございました
まだまだ私の一時帰国のお話は続きます どうぞ宜しくお付き合い下さいませ

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2015/03/21 23:30】 | 私達にできること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちいさいおうち/陸前高田こども図書館
今日から3月11日から19日までの日本滞在の様子をお届けします
約1週間の滞在でしたが、その充実度は高く、気付けば約100人近い知人友人と
再会を果たしていました


アーカンソーを出発したのは9日の夕方
その後ロスアンジェルスを経由し、10日深夜1時45分サンフランシスコ発
羽田国際空港行きの飛行機に乗りました

ちいさいおうち/陸前高田こども図書館-1, 2015-3-21



日本到着は11日午前4時30分 
空港の周りは真っ暗でしたが、入国審査を済ませ外へ出ると
美しい夜明けが待っていました

ちいさいおうち/陸前高田こども図書館-2, 2015-3-21




羽田からのモノレール、何年振りでしょうか?
東京湾に囲まれた羽田国際空港 モノレールの中から眺める東京湾から
上る朝日に、出発前日までオーケストラで演奏していたドビュッシーの
「海」が自然と聞こえて来ました 夜明けの海を目の前に、そのメロディーを
聞くと、この曲が実によく作曲されているのが分かります

ちいさいおうち/陸前高田こども図書館-3, 2015-3-21




私の最初の目的地は岩手県陸前高田市
前日まで東北地方は大吹雪に見舞われた地域もありました
東京駅で新幹線に乗る際、一ノ関駅からの乗る予定のJR大船渡線の
終着駅、気仙沼駅へ電話をして交通状況とお天気の確認
どうやら目的地には辿り着けるようです!

私が初めて陸前高田市を訪れたの2012年12月
その当時、津波による線路の破壊で大船渡線は復旧していませんでした
現在も未だ不通の路線はありますが気仙沼までは電車で行かれます
ゆっくりでも復興が進んでいるのを嬉しく思いました

ちいさいおうち/陸前高田こども図書館-4, 2015-3-21



気仙沼からは振り替え運行バスに乗り換え陸前高田まで
到着したのは奇しくも東日本大震災の起きた3月11日 
日本、そして海外の取材クルーと思われる数人を気仙沼駅で見かけました



そして私の目的地、陸前高田こども図書館ちいさいおうちへ到着
小雪の舞う少し肌寒い日 震災の起きた2011年3月11日も同じような
お天気だったと聞きました

ちいさいおうち/陸前高田こども図書館-5, 2015-3-21



ドアを開けると暖かな空気が流れ出し、
この小さな図書館が沢山の子供達に愛されている気配を全身で感じます

ちいさいおうち/陸前高田こども図書館-6, 2015-3-21



現在、蔵書は4500冊近くになり、そろそろ書庫が必要になっているよう
これは嬉しい悩みになりそうです

ちいさいおうち/陸前高田こども図書館-7, 2015-3-21



図書館職員の方による本の紹介
手作りのモビール、本の世界がさらに広がっていきそうです

ちいさいおうち/陸前高田こども図書館-8, 2015-3-21


ちいさいおうち/陸前高田こども図書館-9, 2015-3-21



職員さん達の手作りによる愛情いっぱいの図書館内の飾り
私も時間があったら一緒に作りたくなってしまいます
私、図画工作、大好き♡で大得意♡

ちいさいおうち/陸前高田こども図書館-11, 2015-3-21



子供達はどんなふうに座って、ここで本を読むのでしょうか
2年前、初めて陸前高田を訪れた際、仮設住宅も見せていただいたのですが、
限られた住宅環境で大きめの家具を置くのは至難の業です
子供達にとり、きっとこのベンチは特別な椅子

ちいさいおうち/陸前高田こども図書館-10, 2015-3-21



小学校2年生の社会科見学(町探検)で、ちいさいおうちを訪れた子供達からの
お礼状 読んで行くと、トレーラーハウスを改造して作られた ちいさいおうちの
建物の下には車輪が付いていること、そして図書館には読みたい本を
探してくれる「探偵」がいるんだそうです...!!

ちいさいおうち/陸前高田こども図書館-12, 2015-3-21



私の住むアーカンソーで、この小さなこども図書館をサポートすべく
チャリティーコンサートを始めたのは2012年秋から
陸前高田市、または行政による公立図書館再建はいつになるのだろう?と
職員のかたに伺ってみました



数ヶ月前、海岸線近くに大きなショッピングセンターを造る計画が出たそうです
そして図書館は、そのショッピングセンター内に組み込まれるという案が発表に
なったとか... まだ本決まりではないようですが、ライフラインを優先する
復興に、やっと「文化の復興」に順番が訪れたのは良いことですが...

盛り土をした海岸線近くに再建されるかも知れない図書館 
もしもまた大きな津波が来て、建物が被害にあったら大切な本、資料も汚れ、
痛み、また波にのまれて紛失する可能性は大きいのです 
立地条件を考えても、そして、図書館を愛する人達の理想の図書館像を思っても
一度、現場で働く図書館の職員の方達との話し合いがあっても良いのでは、と
思ったのが私の素直な感想です




ちいさいおうちの周りには、動物、汽車を象った木製の花壇
北海道にお住まいの方が作って下さったそうです 
2012年に訪問した時より動物達が増えていました!

ちいさいおうち/陸前高田こども図書館-14, 2015-3-21


ちいさいおうち/陸前高田こども図書館-15, 2015-3-21




本を借りる時に使う図書館バッグ
こちらも手作りで、善意でちいさいおうちへ送られて来ました
自分のお気に入りバッグがあったり、その日によってバッグの好みを
変えたりと、子供達も楽しんでいるそうです

ちいさいおうち/陸前高田こども図書館-13, 2015-3-21




私が図書館を訪問中、午後2時46分になり何処からか黙祷の意を表す
サイレンが聞こえて来ました 

私が大切に思っているこの小さな図書館で、4年前の地震、津波で
お亡くなりになった方達にお祈りを捧げるのは意味深い時間でした
私のできることは本当に小さなことですが、その私に何ができるのだろう、と
改めて自分へ問い直した時間にもなりました




今日も私のブログへ御訪問くださり感謝いたします
東日本大震災で東北地方の方達は家族、友人を亡くされ、自宅、家財道具が
破壊され私達の想像以上に多くのものを失われました
でもそこから「新たな出会いができた」と図書館職員の方が話していらしたのが
印象に残っています それは失ったものを埋められるほど大きなものでは
ないかも知れませんが、残された方達が少しでも前向きな気持ちになられる
お手伝いになったら何よりも嬉しいことです




ちいさいおうち/陸前高田こども図書館-16, 2015-3-21

陸前高田こども図書館 ちいさいおうち
岩手県陸前高田市竹駒町字館44
0192-54-3227(代表)

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2015/03/21 23:00】 | 私達にできること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
忘れてはいけない日
3年前の今日、3月11日に東北で起きたことを忘れるわけにはいきません
私はあの日、すでに海を渡りアメリカの地にいました


でもいつも思い、考えています
私達に出来ることはないだろうか、と...

IMG_3731.jpg
2012年12月、陸前高田の小友小学校訪問、アーカンソー大学で日本語学科を教えられる
田中望美先生とアーカンソーについて話しています





私はこれまで北海道と沖縄を除く日本全国を演奏旅行しています
特に小、中学校の音楽鑑賞会などで演奏する機会をいただき、
たくさんの生徒さん達にも出会っています
震災前の被災地、気仙沼、小名浜にも訪れました



きっと地震、津波の犠牲になられた方の中に、
私の演奏を聴いて下さった方がいらしたはずです
人生の「たった一瞬」とは言え、同じ空間で時を共有した方達が
犠牲になられたと思うと、行き場のない悲しみに襲われます



CIMG1880.jpg
ブラームスのハンガリアンダンス No.5を演奏中...と思います



海を渡りこのアーカンソーの地でも、いつも思い、考えています
私達にできることはないだろうか、と...


一人の力には限りがありますが、アーカンソーで同じ思いを持つ
仲間達の力を集結し、ここから日本を応援していきます
いつ、どこにいても日本は私の生まれた国
私の大切な美しい地


テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2014/03/11 22:30】 | 私達にできること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
美味しいスープでチャリティー / Soup Sunday
アーカンソーはアメリカの南部に位置しますが、それでも冬はそれなりに
寒いんです 今朝も少し雪が舞っていました.... 
そんな寒い2月にぴったりの、美味しいスープのイベントが毎年行われます!!
その名もスープサンデー (Soup Sunday)

IMG_9113.jpg






この地域でのスープサンデー は今年で13回目を向かえました
アーカンソー北西部のレストランが集まり、お店ご自慢のスープを振る舞い
その収益金が低所得者の家庭の支援に使われます 今年はレストランの他、
ホテル、そして教会、合わせて26団体のスープが提供されました
スープの他、パン、コーヒー、アイスクリームもあるんですよ♡

IMG_9116.jpg
入り口でチケット回収をしているのは聖ポール教会のグリシャム牧師!





入り口を入るとこんなケースを渡されます
どうやって使うのでしょうか?

IMG_9129.jpg






アーカンソー大学関係者、そしてフェイエットヴィルに住む人なら
誰もが知っているHog Hous Brewing Co.(ホッグハウス)  
ブリュワリー兼レストラン こちらからはビーフのスープ (Ribeye Stew)


IMG_9123.jpg
お店のビールのTシャツを置いて... さりげなくお店の宣伝をしています
IMG_9124.jpg



ここは... どのお店だったか忘れました...!
トマトスープにトルティーヤ、アボカドをトッピングしてくれます

IMG_9122.jpg




私の好きだったビールとチーズのスープ フライドオニオンが乗っています
写真に写っていませんが、同じレストランのポテトとガーリックのスープも
美味しかった♡ 提供はスプリングデールカントリークラブ...
えっ? ゴルフ場??

IMG_9125.jpg
同じくスプリングデールのビール屋さんCOREのビールを使っているんですねえ





こちらが私の第1ラウンド
入り口で渡されたケースはスープを入れる為のものでした
このイベントの通の人は12個焼けるマフィン型を持って参加します
マフィン型にスープのカップを入れてまわるんです


IMG_9121.jpg




第2ラウンドは... 食欲が勝り写真を撮り忘れました
ここからスープを5つ乗せる方法を身につけました




そして最終ラウンド
トマトバジルのスープ、ザリガニのビスク、ガンボ... 面白い味を楽しめました

IMG_9130.jpg





私の好きなパン屋さんBriar Rose のサウスウエストチキンスープ
(Southwest Chicken)  お豆が沢山入って、色取りも綺麗♡

IMG_9131.jpg


タジキスタン料理のお店、Taziki's Mediterranean Cafeからは
レモンチキン (Lemon Chicken) このお店はチェーン店なのでアラバマ、
テネシー、コロラド、ヴァージニア州などでも食べられます

IMG_9133.jpg




サイレントオークションもあります

IMG_9137.jpg



最近フェイエットヴィル、スプリングデール地域ではビールのお店が
増えています こちらはその地ビールの詰め合わせ オークション入札
リストにヴァイオリンの生徒のお父様の名前がありました!(笑)

IMG_9136.jpg


まだマイナーリーグですが、地元の野球チーム、ナチュラルズ!
4人用の観戦チケットを手に入れられます

IMG_9140.jpg



一昨年、博士と私は初めて参加したのですが、年々、このイベントは充実し
参加者も増え、スープも美味しくなっています
参加費として大人20ドル、子供5ドル (5歳以下は無料) を支払いますが、
美味しいスープで幸せな気分になるだけでなく、そのお金で他の人の
サポートを出来るのを嬉しく感じるイベントです

テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

【2014/02/26 13:30】 | 私達にできること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。